【本棚が凶器になるとき】地震のニュースを聞いて。

少ないもので生活

昨日の朝、ぼーっとテレビを見ていると

「地震速報です!」

キャスターの方の表情と

慌てる様子を見て、ドキッとしました。

■まずは命

私は、その様子を見て

ハッと思ったことは、

知り合いの安否。

大切な友人が被害に遭っていないだろうか

それが一番最初に思ったこと。

だから、まずは

LINEでメッセージを送りました。

そのことを、ゆうこちゃんも

記事に書いてくれました!

ありがとう!

ゆうこちゃんの記事はコチラ。

地震は突然やってくる

■死亡者

友人の安否が確認できた私はホッとして

地震のニュースを見ていました。

それで、一番悲しかったのは

ブロック塀に挟まれて亡くなった9歳の女の子。

想像しただけで、本当に悲しい気持ちになりました。

そして、倒れてきた本棚の下敷きになった

高齢者の方も亡くなられたと聞いて

本棚の脅威を思い知りました。

■読まなくなった本に殺される

1OBXVC1ARF

私は、こういう災害になった時

改めて、自分の命と

ほとんど使っていないモノとの関係を

考えてしまいます。

モノって、どれだけあっても

生死に関わることではない。

普段は、そう思ってしまいますが

こういう災害になった時に

モノは時として凶器になりうるのです。

■まとめ<読まない本は売ろう>

朝の情報番組で

散乱した部屋の様子を見た時

沢山のモノに疑問を感じました。

生きていくのに

そんなにモノいらないよね。

・モノの管理も大変だし

・掃除も大変になるし

・災害の時、凶器になるし

だからこそ、時間があって

余裕がある時に、売れるものは売り

捨てるものは捨てよう。

私は、読んでしまった本は

まとめてVabooに買い取ってもらいます。

自宅にいながら

・ダンボールに本を詰め

・集荷に来てもらって

・現金が振り込まれるシステムは

やっぱり楽ちん。

売れる時に、サクッと売ってしまうと

本当に身軽になります。


ランキングに参加しています😆
👇ぜひポチッと応援お願いします✨
にほんブログ村 ライフスタイルブログ のんびり暮らしへ

ランキングに参加しています😆
👇ぜひポチッと応援お願いします✨
にほんブログ村 ライフスタイルブログ のんびり暮らしへ

少ないもので生活
スポンサーリンク
スポンサーリンク