ケチると結局、損することになる。

お金のこと

我が家は、先月の上旬に

旦那の転勤のため

引越しをしました。

■エアコン取り付け

我が家は、引越しのさかいさんに

引越しをお願いしました。

引越しのさかいさんは、

とても親切で、しっかりと作業をしてくれました。

だから、不満とかないのですが・・

こちらが、エアコンの取り付けの際

菅をそのまま使い回してもらうようにお願いしました。

■7年目のエアコン

正直、どうせなら

引越しのタイミングで

エアコンの菅を新品のものにすれば良かったのです。

それなのに、

まあ、大丈夫だろう

若干のケチる気持ちと共に

そういう判断をしてしまったのです。

だけど、よくよく考えてみると

すでに買ってから7年という月日が経っているエアコン。

その判断は、やはり甘かったなと。

■エアコンが効かない問題

引越し完了から、日を追うごとに

おや?このエアコンって

こんなに効かなかったっけ?

それが、どんどんエスカレートしていきました。

なので、近くの電気屋さんに依頼して

エアコンを見てもらったところ

老朽化した菅からガスが漏れて

エアコンが効かなくなっているとのこと・・

■追加の出費

IMG_4484

なので、電気屋さんに

菅全てを新品に変えてもらい

ガスも入れてもらいました。

その費用、19,000円。

引越しの時に、ケチらず

サクッと菅を新品にして貰えば

ここまで、手間もかからなければ

お金もかからなかったのです。

■まとめ<ケチると歪みが出る>

これまで、ケチったばかりに

手痛い失敗を重ねてきたのに・・

これまた、同じような失敗。。

例えば、光熱費をケチるあまりに

体調を崩してしまって、余計に医療費がかかったり・・

モノを買うときも、欲しい気持ちより

値段を優先させてしまい、

満足度が足りず、結局、買い直してしまったり・・

お金が惜しいと

変にケチると、どこかで

そのツケがやってくる。

節約も良いけど、

あまりにもケチりすぎると

余計に手痛い出費に繋がるものです。