節約をするよりも「お金が残る」方法。

独身時代、貯金ができなかった私。

その大きな理由は・・

1、会社員である場合、それは明日も元気に

出勤できる経費だから。

2、自分の身の丈を勘違いしているから

3、お金の使い方が下手くそだから。

<詳しくはこの記事>

■お金の使い方が下手くそ。

先日の記事でも書いたのですが、

私は、「あぁ、お金の使い方失敗したなぁー」

もう、私のバカ!バカ!

って、なっていたのですが、

それは、随分と克服してきました。

このことについては、

この2つの記事を読んでみてね^^

■なんで下手くそ?

ところで、私は、

どういう理由で、失敗多めの

買い物をしていたのか・・

それは自分に価値がないと思っていたから。

高いものは、私には

もったいない。

自分を、自分で

下に、下に見ていたから。

自分には価値がないと

心の奥の方で思っていた・・

これが一番の問題なんだと。

■自分の価値

でもね、心屋さんの本にも

書いてあるのですが

あのときの私と大きく違うのは

「私は価値がある」と知っているということ。

(中略)

洋服も値段を見ずに買っていると、

ほしいものがどんどん減って、

今ではあまり洋服は買いません。

ホントにほしいものは、

実はそんなになかったみたい。

そうしたら、節約していた頃より、

よっぽどお金が残るようになりました。

■高いから良いわけじゃない

私の場合、

「自分が欲しい」より

値段の高い、安い

優先にさせていた・・

だからと言って

高いから良いというわけでもなく

一番大切なのは

ホントに欲しいと思う気持ち。

■まとめ<節約するよりお金が残る>

節約という名の

自分の気持ちは後回しにして

お金を貯めることを優先にさせていると

(昔の私のことね)

本当に大切なことを

見失ってしまいます。

一番大切なのは、

自分は、本当はどうしたいのか?

それに忠実に過ごしていると

気づけば、節約している時より

お金が残りやすくなっていくんだなと。

これが、お金の真実なんだと感じます。