「影で何を言われても良い」と思った時、幸せがやってくる。

私は、長らくの間

自分の気持ちより

周りが、どんなことを言うのか

そういうことばかりが

気になっていました。

■影でそんな事言うの

ご近所さんと、愛想よく

挨拶をしていたかと思えば

家に帰ってきたら

その挨拶をしていた人が

どうだ、こうだと

色々言っている母。

そんな姿を見て

世の中って、なんだか恐ろしい。

■陰口

だから、私は、

陰口を言われたくない。

言われないようにならなきゃ。

そのためには、自分の気持ちより

周りが、どう思うのだろうか。

そちらを優先させて

生きてきたように思います。

■陰口を言わない人

でも、長らくの間

生きてきて、陰口を言わない人って

ほとんどいないんだなと感じます。

そして、陰口をいう理由は

どこかで

我慢をしているから

私は、こんな風に我慢しているんだから

こんなに我慢しているのに

そう、心のどこかで思っているから

それが、陰口として

表に現れてくるんだなと。

■陰口を言う人は言う

結局、自分が

どんな風に生きていても

陰口を言う人は言うものなんだなと。

それだったら、自分が生きたいように

生きたほうが良いじゃないか。

■まとめ<影で何を言われても良い>

自分が、どんな風にに生きていても

陰口をいう人はいる。

それだったら、

・影で何を言われても良い

・好きなように生きて離れていく人は

離れて行っても良い

だから、自分は

好きなように生きよう。

そう思った時から

自分の本当の幸せが

始まるんだなと感じます。