女優さんのマネをすると「あれ?なんで、こんなに沢山微妙な服があるんだっけ?」現象を引き起こします。

私は、独身時代、プラダを着た悪魔やセックス・アンド・ザ・シティを観ては、

うっとりしていました。

「すてきー」私も、毎日、色んな素敵な服を着て

ハイヒールを格好良く履きこなす素敵な女性になりたいわ。

そう思っていました。

いつか・・そう、いつかね。

でもさ、今、改めて考えてみると、

やっぱ、現実的ではないよねと思います。

映画では、美人でスタイル抜群の女優さんが、

一流のスタイリストの人が厳選した、一流の服を

さっそうと着こなしています。

それも、数秒とかでパッと画面が切り替わったりして、

沢山のスタイルの服を、キャリアウーマンが、

バリッと仕事やれてますという感じで、

多くの女性が、憧れるーって感じです。

私も、その多くの女性の一人でした。

映画は、本当に面白くて、その世界に引き込んでくれます。

でも、現実の世界で、それを実現させようとしたら、

「あれ?なんで、こんなに沢山微妙な服があるんだっけ?」現象を引き起こします。

映画の女優さんのように、もし、本当になりたいのなら、

やっぱ、自分で激選した、お気に入りの服を

少しだけ持って、それを、大切に長く着る方が

確実に近道だと気づきました。

だってよ、そっちの方が、服、一つ一つの質も上がって

周りの人からしたら、「いい服着てるわね」って

思われるからです。

質より数を優先させると、質が下がって

数は多いけど、微妙な人に陥る可能性が高くなるからです。

秋~冬にかけては、ボトム3、上の服3、羽織もの系3くらいでも

正直、十分ではなかろうかと最近、思います。

手持ちの服が、たとえ少なくても

一つ一つの質が高ければ、その組み合わせで

沢山、服を持っているように見えるし、

いつも良い服着てる人になるからです。

これからも、私は、そういうオシャレを

していきたいと思います。

↓色んな方のブログが、とても参考になります。

にほんブログ村 家計管理・貯蓄