福袋は使えそうなものは入っていても、超絶お気に入りになるものは入っていない。

昨日は、人ごみ大好きな旦那の希望でイオンの初売りに行ってきました。

開店直後にも関わらず、沢山のお客さんで賑わっており、

お店ごとに山積みの福袋がありました。

私も昔は福袋を買っていました。

そして、いま思えばタンスの肥やしを増やしていたと感じます。

2万円分の商品が入って、なんと3,000円!

これは、お得だと思って、家に帰って袋の中身を広げてみると、

確かに1万円分の使えそうな服と、これは絶対に着ないだろうという服が1万円分

入っていました。

それでも、まだ得をしたと感じる私がいて、

残った1万円分の服は、確かに使えるのですが、

超絶お気に入りの仲間入りを果たすことはありません。

結局、その福袋の中に入っていた服は、

1年後には、私の「断捨離」という名の仕分け作業によって、

全滅することになります。

今では3,000円というお金は、私にとって、よい勉強代になったと思っています。

せっかく、お金を支払って買うのならば、

「これだ!」と思える服に使いたい。

そして、買い増すのではなくて、買い換える。

今、持っている服のどれかを手放しても良いと思えるだろうか。

その基準で、服を見ていくと、

「今、持っている服のどれかを手放さないといけないくらいなら要らない」

そう思った時点で、その服を買う必要がなくなります。

でも、「今、持っているアノ服を手放してもいいから、この服が欲しい」

そう思える服に出会えた時、それは超絶お気に入りの仲間入りを果たすことが出来ます。

ある程度、満足いく服のラインナップが揃ってくると、

やみくもに服を増やそうと思わなくなって、買い物の失敗が激減してきます。

私は、これからも、お気に入りの少ない服で生活していきたいと思っています。

↓色んな方のブログが、とても参考になります。

にほんブログ村 家計管理・貯蓄