年収がいくらあっても、まだ少し足りないと感じる。

当たり前の話ですが、年収400万円の人も、年収1000万円の人も、

収入の中で、上手くやりくりしながら生きています。

(一部でバランスを崩して借金をする人もいますが)

年収400万円の人は、年収400万円くらいの生活を。

年収1000万円の人は、年収1000万円くらいの生活をしているのですが、

共通して言えることは、年収がいくらあっても、

心のどこかで「まだ少し足りない」と感じている所があるんだということ。

全然足りていないというのではなくて、「少し」足りない気がする。

実際、世帯年収600万円ほどの我が家が、年間200万円の貯金をしていても、

心のどこかで「まだ少し足りない」気がしています。

他人から見れば、「十分じゃないか、よく頑張っている方だと思うよ」

そういう感想が出てくるのかもしれないけれど、

当の本人は、「少し足りない」気がするものです。

じゃあ、どこまで増えれば「足りている」と感じるのか。

アラブの石油王になれば良いのだろうか。(これば冗談だけど)

結局は、どこかに「不安だ」という気持ちがあるのかもしれない。

テレビなどのメディアで、「老後」ヤバいという情報を

植え付けられて、「不安」だという気持ちになっているのだと思います。

実際、現在30代である我が家が、年金として貰える金額は、

決して多い金額ではないと思います。

そして、老後の収入が年金だけだと決めつけている所が

あるのかもしれません。

そうではなくて、老後も元気で、何かしら収入が得られる

方法や技術を考えてみる。

そんなのが思いつきそうにもなかったら、

老後も元気で働けるように、今から、しっかり働ける体をつくっておく。

(老後もイキイキ働くことは素敵なことだと思います)

そして、もう一つは、一カ月の最低限の生活費を

小さくするトレーニングと、その生活に慣れておくということ。

さて、定年で年金生活になったから、生活レベルを落としましょう。

こう考えるから、なんて貧しい生活なのだと感じるのです。

現役のときからコンパクトな生活に慣れて、「貧しい」ではなくて

「つつましい」生活をすることに慣れておく。

老後でも、年金以外に収入を上げるということと、

支出をコンパクトにして抑える。

そして、余裕がある範囲で、自分たちが幸せになれることに

お金を使う。

こう考えれば、老後が楽しみになる。

そんな生活を、これからも続けていきたいと思います。

↓色んな方のブログが、とても参考になります。

にほんブログ村 家計管理・貯蓄