「モノが多い家」と「モノが少ない家」の決定的な違い。

いやね、当たり前の話なのだけれども、

「モノが多い家」と「モノが少ない家」の決定的な違い・・

それは・・

「家の中に持ち込むモノの量」と

「家の中から持ち出す量」が違う。

これに尽きるのだと思います。

「モノが多い家」は、

「家の中に持ち込むモノの量」が多いか、

「家の中から持ち出す量」が少ないか、

はたまた、「両方」だということ。

「貯金」も同じことで、

「家計の中に入ってくるお金」と「家計の中から出ていくお金」が違う。

「貯金が多い家」は、

「家計の中に入ってくるお金」が多いか、

「家計の中から出ていくお金」が少ないか、

はたまた、「両方」かということ。

この原理で行くと、基本的には「ダイエット」も大体同じ。

一部の特殊体質を除いて、普通の人なら、

摂取カロリーの方が、多ければ太るし、

消費カロリーの方が、多ければ痩せる。

世の中には、宵越しの銭は持たぬと真剣に思っている人や、

ぽっちゃり好きな人が実際に存在しているのだから、

どちらが良くて、どちらがダメというわけではなくて、

好みの話なのだが、私は、「モノが少ない家」が好き。

そんな私も、昔は、モノが多めでした。

その頃と、今では、何が違うのだろうと考えた時、

決定的に違うと思うのは、やっぱり

「家の中に持ち込むモノの量」が減ったということ。

具体的には、家の中に持ち込むモノのハードルが上がって、

家の中から持ち出すモノのハードルが下がったということ。

昔は、この逆でした。

昔は、易々とモノを家の中に入れて、

一度手に入れたモノは、易々と手放さない。

だから、自動的にモノが増えていってました。

易々とモノを家の中に入れるということは、

「安いから」「何かに使えるかもしれない」

こうやって、外出するたびに、何かを手に入れて帰らないと

もったいないと思っていました。

そうやって、浅はかな理由で手に入れたモノを

「いつか使うかもしれない」「もったいない」と

手放してなるものかと思っていました。

今は、沢山のモノを手放して、

その手放した時の「痛み」や「後悔」を

身をもって体感したおかげで、

家の中に持ち込むモノのハードルが上がりました。

そして、モノを手放すことに関しても

昔のような、「もったいない」という感情より

「身軽でいたい」

必要な時がまた来たら

その時、買いに行けば良いと、モノに執着する気持ちが減って

軽い気持ちで手放すことが出来るようになりました。

そんな「モノが少ない生活」は、

色んな意味で、私にとって良かったと思っています。

モノが多かったときより、今の自分の方が好き。

身軽で自由な、今の生活の方が、人生が楽しいなと思います。