お金持ちの定義は、「お金を沢山稼ぐ」ではないんだよ。

斎藤一人

おはようございます。

スポーツジムのランニングマシンで、

少し早めに歩いていたら、動いているローラーじゃなくて、

両サイドにある動いていないプラスチックの所をふんじゃって、

バランスを崩して、思いっきり転倒したハピコです。

手を強打した痛みより、

恥ずかしさの方が勝って、

「・・・。」となっていた所に、

ジムトレーナーの人が走ってきて、

「お怪我ございませんでしたか?」って。

その時、なぜでしょう。

いつもより、大きな声で

「大丈夫です。スミマセン。スミマセン」と言ってはみたものの

右手から、流血。

カットバンを頂き、

トレーナーの若いお兄さんの笑顔に癒されました。

いやね、自分でも思うんですよ。

私って、どんくさいな・・と。

なんだか、周りの人の方が、すごいような気がする。

私は、定期的に、そんな心情になる体質のようです。

そんな時は、沢山の本を読む。

今、読んでいる本は、

斎藤一人 大富豪が教える 大金持ちになる話し方

image

この中で、まず「お金持ち」の定義として、

「お金を稼ぐ」=「お金持ち」と思いがちだけど、

お金を沢山稼いでも、稼いだ分、全部使ってしまう人は、

お金持ちではないんだ。

そうではなくて、毎月1万円ずつでも

毎月貯金している人は、どんどんお金持ちになるんだよ。

あなたのお給料がいくらでもいいの。

毎月1万円でも貯めている人は、

「お金持ちの旅路」を歩いている、お金持ちなんだよ。

そして、本書の中で、

オレは日本一のお金持ちだとまわりのみんなから言われるけど、

オレと会って「私も一人さんみたいにお金を貯めてがんばっているんです」と言う人は、

オレと同じ「お金持ちの旅路」を歩いている仲間なんだよ。

だから、そんな人に会うと、

「おお、がんばれよ」「わからないことがあったら聞けよ」って、

心から応援したくなるんだよ。

だって、向かっている場所が同じ仲間だからな。

なんだか、これを読んだ時、

「あー、どんくさい私だけど、一歩一歩がんばろう」

なぜか、涙が溢れてきました。

お金は、ある日、突然貯まるものではなくて、

毎月、毎月、コツコツ、コツコツの積み重ね。

当たり前のことなんだけど、

一歩一歩やっていくしかないんだよね。

それが、たとえ小さな一歩でも

前に進んでいることが素晴らしいんだ。

そんな勇気を頂いて、

また、がんばっていこうと思います。