【モノやお金がなくても豊かに暮らせる】その家具は自由を奪う罠である。

モノやお金がなくても豊かに暮らせるという本は、

100年以上前に、ヘンリー・ソローによって書かれたものです。

この本に書いてあることは、

年月を重ねるごとに、どんどん新しくなってきています。

それは「モノやお金がなくても豊かになれるんだ」ということを・・

そして、本当に幸せに暮らすには

どうしたらいいのかということを教えてくれます。

100年以上前に書かれたものなので、

時代背景が現在とかなり違うので、

それは、ちょっと・・ということも書いてあるのですが、

人間の原点とは、何なのか。

それを、改めて考えさせられます。

沢山の家具は自由を奪う罠である

この本に、こんなことが書いてあります。

なぜ引っ越しをするとき、家具を持っていくのか。

その家具は、自由を奪う罠なのに。

ヘンリーは、引っ越しをする人の大量の積み荷を見て、

あらゆる罠を自分のベルトにくくりつけるような行為だと。

そして、それをずるずる引きずって、

一生生きていかなければならないのならば、

イソップ物語のキツネのように、

罠にしっぽを残して逃げた方が

どれほど幸せかわからないと言います。

沢山の家具は必要ない

私は、旦那の職場の団地に住んでいます。

その団地は、転勤による引っ越しが多いので、

頻繁に引っ越しをしている姿を見かけます。

その時、大量の家具や荷物をトラックに積んでいる光景を見ると

それが多ければ多いほど、

家具や荷物によって自由が奪われていると感じます。

これだけのモノを管理・維持していく時間と動力は、

自由に生きることの邪魔をしている

そう感じずにはいられません。

私も、一時期、沢山の家具を持っていました。

でも、毎日、隅々まで綺麗な部屋で自由に過ごしたいと

心から思った時、家具は必要ではないと感じ、

そのほとんどを手放しました。

そして、沢山の家具がなくても大丈夫なんだ。

そう思った時、私は、底知れない自由を感じたことがあります。

モノやお金がなくても豊かになれるんだ

毎日を生きていくのに、沢山のお金がなければいけないというのは、

本当に幸せな暮らしとは違うと感じています。

「本当に幸せな暮らし」とは、

モノやお金がなくても豊かな暮らしなのです。

モノやお金がなくても豊かな暮らしを

生活の基盤にしながら自由に生きて、

自分が好きなことで、お金を稼ぐことができる

それが、理想的な人生だと私は思います。