モノが少ないと、自分がやりたいことがシンプルに見えてくる。

11月18日の朝に放送されたビビットの特集で、

ミニマリストが取り上げらました。

特集のタイトルは、ミニマリスト生活で”幸せ”

あなたにもできる”モノなし生活”

その中で、私が印象に残ったのは、

脳科学者の中野信子さんがコメントで言われていたことなのですが、

ワーキングメモリというものが脳にはあって、

一度に処理できるものの数が決まっているんですよ。

その数は、7個。

なので、7つ以上のタスクあると、

例えば7着以上の服があると、それは無いものと一緒なんですよ。

だから、クローゼットに沢山の服があっても意味は無いんですよ。

「なるほど!」

昔の私が、20枚も30枚も服を持っていたのに、

実際、着ていたのは、その中の2割程度だった理由が分かりました。

脳みその仕業だったのですね。

そして、女優の真矢みきさんのコメントも

印象的でした。

東京では、私もモノに囲まれた生活をしているんですけれど、

ドラマとかで3~4ヶ月地方に行くことがあるんですが、

窓が開くし洗濯ができるので、マンションを借りるようにしているんです。

その時に、必要最低限の4枚くらいのセットがあれば、

ほんとにやっていけるというか、スムーズに自分のやりたいことが

シンプルに見えてくるんですよ。

いかに、モノで自分のやりたいことが見えにくくなっているのかと思うんです。

でも、テリー伊藤さんが言われていたように、

デートの時アレを着たい、クリスマスの時コレを着たい。

そういう気持ちも素敵だと思います。

だから、私も、友人の結婚式というおめでたいイベントでは、

着物姿でバリッときめて楽しみたいと思っています。

詳細記事→結婚式のドレスも手放してしまった私が、今度、結婚式に着ていく衣装とは。

今は、便利な世の中になってきています。

今回の友人の結婚式では、母から着物を貸してもらうのですが、

これと同じように、世の中ではレンタルということも出来ます。

普段、自分で管理して使っていくものは少なくしておいて、

その他の部分は、レンタルやシェアをする。

そのために、お金という便利なアイテムを貯めておく。

そうやって、私は、身軽に生きていきたいと思います。