【家計管理】袋分けをマネーフォワードで完全管理!財布の分け方教えます。

お金のこと

先日、ESSE11月号を読んでから、

私も、家計管理に袋分けを取り入れようと

研究しているところです。

関連記事:【1週間の生活費予算を計算してみる】1ヶ月は5週間で現金払いを計画化!

でも、私は、マネーフォワードを使用して

家計管理をしているので、デジタルとアナログを融合させることに

少々戸惑っておりました。

そこで、マネーフォワードでも、袋分けしたお金を

見ただけで管理できるシステムを作ることにしました。

■目次

 ▶今一度、どのように袋分けするか計画してみる

 ▶財布を作ってみる

 ▶袋分けの財布を作成する

 ▶財布の残高を変更する

 ▶家計簿を入力する際に気をつけること

 ▶まとめ

■今一度、どのように袋分けするか計画してみる

私が袋分けしようとした金額はコチラ。

○1週間の生活費を8,000円+ガソリン代2,000円=10,000円

これが5週間の計算で、10,000円×5週間=50,000円

○旦那の小遣いが、週5,000円×4週間=20,000円

○水道代+(自治会費)=10,000円

○レジャー費5,000円+予備費2,000円+小遣い(私)3,000円=10,000円

5万円+2万円+1万円+1万円=9万円

こうやって分けたいと考えました。

そして、自分の財布の中に入れておきたいお金は、

1週目の生活費+ガソリン代の1万円、

レジャー費+予備費+小遣い(私)の1万円の

合わせて2万円なのです。

なので・・

自分の財布に、2万円

生活費+ガソリンが、残り4万円

旦那の小遣いが、2万円

水道代が、1万円

このように、マネーフォワードに入力しようと考えました。

■財布を作ってみる

さて、早速マネーフォワードに入力していきます。

まず、財布の作り方ですが、「財布を作成」を

クリックします。

de460914.g

すると、こんな画面が出てくるので、財布の名前を入力して、

残高を入力します。

9113d3e9.g

ATM引き出しとの連動にチェックを入れると、

次回ATMでお金を引き出すと、この財布の残高が増えます。

自動で連動するので、連動させたい財布にはチェックを入れると便利です。

そして、「登録」のボタンを押すと、

このような画面が出てくるので、「閉じる」をクリックします。

7e0225af.g

すると、このように財布が出来上がります。

5db22c44.g

■袋分けの財布を作成する

次に、生活費+ガソリンの財布を作りたいと思います。

なので、先ほどと同じように「財布を作成」をクリックします。

67f9fd77.g

そして、先ほどと同じように、財布の名前と

残高を入力して、もしATMと連動したい場合は、チェックを入れます。

e3a0cbce.g

そして、生活費+ガソリンの財布ができたことを確認します。

fa5eadd3.g

この手順で、小遣い(旦那)と水道代を作成していきます。

0009664a.g

7186a759.g

■財布の残高を変更する

もし、後で財布の残高を変更したい場合は、

残高を変更したい「財布の名前」をクリックします。

b87f10aa.g

すると、こんな画面が出てくるので、

残高修正」をクリックします。

a555da30.g

そして、正しい残高を入力します。

その際、差額の処理を不明金として処理する必要がないので、

チェックを外します。

5c17fa10.g

こうすることで、財布を作って、マネーフォワードの中で

袋分けをすることができるようになりました。

22546dd4.g

■家計簿を入力する際に気をつけること

袋分けの財布ができたので、

とっても便利になりました。

しかし、手入力で家計簿を入力する際、

気をつけなければいけないことがあります。

それは、どの財布からお金を使ったのかということ。

なので、家計簿を入力するときは、「支出先」が

間違っていないか注意が必要です。

0b11b109.g

「支出先」をクリックすると、

自分が作成した財布の一覧が表示されるので、

正しい財布を選択しましょう。

9b1f5d9c.g

■まとめ

これで、いつも使っている財布と、

袋分けをしたお金をマネーフォワードで

一括管理ができるようになりました。

マネーフォワードは、無料でできることが沢山あります。

これからも、上手く活用しながら、

楽しく家計管理していきたいと思います。