1つの引き出しを綺麗にすると、別の引き出しも綺麗にしたくなる。

少ないもので生活

私は、元々、洋服もいっぱい、

モノもいっぱい。

旦那も、姉の旦那さんも

ドン引きするくらいでした。

■目次

 ▶新居への引越しにて

 ▶一つの引き出しからスタート

 ▶ポカンと空いたスペースが嬉しかった

 ▶別の引き出しもやりたいと思う

 ▶最後に

■新居への引越しにて

私が28歳の頃、入籍のタイミングで

それまで一人暮らしをしていたマンションから

二人で住むためのアパートに引越しをしました。

その時、引越し代節約のために、

父や姉の旦那さんにも引越しを

手伝ってもらいました。

その時、出るわ出るわ・・

これでもか!ってくらいの洋服。

お主は一体、何人おるんじゃ!?ってくらい。

あの時は、旦那も姉の旦那さんも

ドン引きだったけれど、

「どれも捨てるわけにはいかない」

そう思って、全部トラックに乗せてもらいました。

■一つの引き出しからスタート

そんな私が、ここまで服を減らせたのは、

たった一つの引き出しからでした。

写真でわかる! 家事の手間を9割減らせる部屋づくり

著者、本間さんも一つの引き出しが

モノを減らすきっかけになったそうです。

本間さんは、キッチンの一番上の引き出し。

ココがゴチャゴチャしているばかりに

料理のたびにイライライライラ。

でも、そのたった1段だけの引き出しを

使いやすく片付けたのだそうです。

すると・・

その日は、何度もその引き出しを開けては眺めてたのを

覚えています。

そして、早くその引き出しを使って

料理をしたいと思ったものです。

その日から、グチャグチャだった引き出しは、

「ストレスを感じる場所」から

「開けるのが楽しい場所」に変わりました。

■ポカンと空いたスペースが嬉しかった

私の場合は、最初、取り掛かった引き出しは

洋服の引き出しだったのですが、

私も、本間さんと同じような感情だったなーと

読んでいて感じました。

それまで、ギュウギュウに洋服の入っていた

プラスチック製の引き出しが

からっぽになった様子が嬉しくて、

何度も何度も引き出しを開けてみました。

■別の引き出しもやりたいと思う

すると、私の場合、

「別の引き出しもやりたい」という

感情に切り替わっていきました。

そして、いつしか、この幾つもある

プラスチック製の引き出し収納ごと

手放せたら良いな・・

そうやって、ちょっとずつ、ちょっとずつ・・

で、気づけば、ほとんどの洋服を手放すことが出来ていました。

■最後に

夢中になる時って、

初めは「何気ないきっかけ」だったりするものです。

一箇所を徹底的にやると

その他の場所も気になってくる。

最初は、小さな引き出し一つだけから

やがて部屋全体に、その波動が伝わっていく。

そういうことが、私はワクワクしてしまいます。

【ハピコのひとこと】

1つの引き出しを綺麗にすると、

別の引き出しも綺麗にしたくなる。

ランキングに参加しています

▼応援クリックしていただけると嬉しいです▼
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

私が管理しているコミュニティです(o^^o)

にほんブログ村テーマ ミニマムライフへ
ミニマムライフ
良かったら、遊びに来てくださいね♪