チャリティー募金箱に初めて「お札を投入」

お金のこと

去年の10月・・

鳥取で大地震が起こったことを

覚えておられるでしょうか?

あの時は、私が住む地域も

グラグラと揺れました。

私は、これまで震度3ほどの

小規模地震しか経験したことがなかったので

「あーこれが地震なんだ!」と

一人自宅で恐ろしいと感じたのを

今でも覚えています。

■目次

 ▶被害が酷かった倉吉地方

 ▶甘酒を無料で配っていました

 ▶チャリティー募金箱

 ▶2枚目のお札

 ▶最後に

■被害が酷かった倉吉地方

あの時は、知り合いから

沢山の連絡があって

その連絡があることが

とても嬉しいと感じました。

でも、私が住む地域は

被害は、おかげさまで

ほとんどありませんでした。

でも、鳥取の中でも

倉吉地方は、甚大な被害がありました。

全国ニュースで取り扱わなくなっても

ローカルニュースでは、

被害のニュースが放送されていて

何か私でも力になることがあればいいなと

思っていました。

実際、そろそろ半年が経とうとしていますが

倉吉は、瓦が崩れ落ちた住宅が多数あって

ブルーシートが屋根にかけられた

家が、まだまだ沢山あります。

■甘酒を無料で配っていました

そして、今日

観光で倉吉地方へ行ってきました。

今日は、ちょうど年に一度の

商店街のお祭りのようなものが

催されていて、沢山の人で賑わっていました。

その中で、商店街の酒屋さんが

無料で甘酒を配っていました。

IMG_0448

甘酒は、ほろ甘く

とても美味しかったです。

■チャリティー募金箱

そして、その甘酒を配っているところに

お酒の樽に「チャリティー募金」の張り紙があって

お金が入っているのが見えました。

IMG_0450

■2枚目のお札

私も、「ここは、しっかり募金をしたい!」と

感じたので、千円札を樽の中に入れに行きました。

すると、私のように千円札を入れた方が

おられたようで、私の千円札は

2枚目のお札でした。

私が、そっとお札を入れる姿を

甘酒を配っているおじさんが見ていて

目があったので

なんか知らないけど

「頑張って下さい!」と

大きな声で言ってきました。

■最後に

数年前の私だったら

お札を募金箱に入れるという

発想すらありませんでした。

でも、お金はグルグル循環しているだけで

たまたま私経由で、お金が流れていると

最近、分かるようになってきました。

だから、また私のところにも

流れておいでよーという気持ちで

気持ちよくお金を流すことができるようになりました。

お金に執着しないで、

お金は喜びなんだなーと思うことが

大切なんだと感じます。

<人気記事セレクション>

1.お金の不安から自由になるために、今から始めよう

2.読み終わった本は、上手に現金化

3.オイシックス初体験記

4.私は「下半身ぷよぷよ筋肉不足のカバタイプ」【遺伝子博士】検査結果届きました。