「実家に忘れていたモノ」

断捨離

phone-499991_640

さっき、実家から電話がありました。

父:おー、ハピコ。

かまぼこ美味しかったよー!

ありがとう。

(父の日のプレゼントの話)

私:それは、良かった良かった。

父:ところで、今、ハピコが大好きな

断捨離をしているんだけど、

ハピコの写真が出てきたんだよ。

■実家の私物

私は、里帰り出産の時、

それまで実家に置いてあった私物を

全部捨てました。

というか、実家を離れて5年以上経過した時点で、

今の生活に、全く不便を感じていないし、

実家の私物のほとんどを思い出せないという・・

押入れの箱を開いて、やっと

「あぁ、こんなのもあったね・・」

そんな感じでした。

■忘れていたモノ

なんだか、思い出のものって

なんだか捨てづらい・・

昔は、そんな気持ちがあって、

全部捨てらない。

そんな感じでした。

でも、断捨離を幾度となく経験して

分かったのは、忘れていたモノは、

必要がないモノだなと感じるようになりました。

■残っていたモノ

だから、今回、父が実家の断捨離をしたことで

私が見落としていた、私のモノが

出てきたというわけです。

だから、私は、父に

「捨てていいよ。お願いしまーす」

電話で伝えました。

■私の思い出

正直、私は、学生時代

どことなく、本当の自分ではない・・

そんな感じで生きてきました。

だから、正直、今が一番楽しい。

それは、私自身が変わってきたから。

周りが悪いんじゃなくて、

それを受け取る自分の問題だったんだなと

最近、よく分かるようになってきました。

だから、私の中での思い出は、

今、心の中にあって、

その全てが、有難かったんだなと。

だから、今の私にとって、

沢山の写真は、必要ないなって感じるんです。

■断捨離のおかげ

とっ散らかっていた部屋と共に

とっ散らかっていた心も

断捨離をできたことで

私は、本当の意味で

心も体も軽くなった。

そんな感じがしているのです。

そして、散らかっていた時より

今の方が、自分らしくて

楽しいなと。

昨日の自分より、今日の自分の方が好き

そんな日々を過ごしていきたいと感じています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ