「何もない」くらいを目指すくらいで「丁度いい」

断捨離

我が家は、元々、

ダイニングセットもあったし、

ソファもあったし、

ベッドもありました。

モノも、今より

ずっと多くて・・

でも、それは、テレビドラマで見る光景だから

モノが多いとか思っていませんでした。

■断捨離

そんな私は、空前の断捨離ブームで

コツコツ断捨離をしていきました。

洋服を、ゴミ袋2つ分とかを

毎月のように、サクサク捨てていました。

そこで、感じた感情は、

それまでギュウギュウに入っていたモノが

なくなったスペースに、

言葉では言い表せないくらいの

心地よさを感じました。

■ミニマリスト

そんな私は、「ミニマリスト」という

言葉を知った時、

なんてワクワクするんだろう。

最小限のモノで暮らす生活って、

とっても自由だなと感じました。

■限界を感じる

でも、究極のミニマリストをイメージして、

私以外の家族のモノも含めて

我が家のモノを考えると、

私には、これが限界だなと感じます。

自分一人だったら、

結構、究極なところまで

目指すことは可能かもしれないけれど、

やはり、旦那のモノや

息子のモノの事を考えると

まあまあ、よくやっている方だなと。

■「何もない」くらいを目指す

IMG_0875

最近感じるのは、

「何もない」くらいを目指すくらいが

丁度いいなと。

どういうことかというと、

現代の消費生活をしていると、

知らないうちに、

モノが、どんどん増えていきます。

そのスピードは、

かなり驚異的です。

だから、私の中で、

「何もない」くらいを目指しているくらいで

丁度、適量になるなと感じます。

■まとめ

モノは、わずかな隙間から

とめどなく家の中に入ってこようとします。

「家の中に入れるものか!」と

見張りをしていても、完全に防ぐことは

不可能です。

だから、自分の中で

「何にもない」くらいを目指すくらいが

私が管理できる量に収まるなと。

テストで100点を目指して、

結果が80点になるみたいな。

結局は、全くモノのない生活は出来ません

程よい、余白のある空間を保ちつつ、

お気に入りのモノに囲まれた生活が

穏やかで豊かな生活を造ってくれるのです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ