「出来損ない」なら「出来損ない」なり生き方がある。

私は、一度スイッチが入ると

猪突猛進のごとく、

どわわわわ〜と

物事を済ますことが出来るタイプ。

でも、このスイッチが

なかなか入らないのですよ。

スイッチが入らないと、

まるで廃人。

ボーッとして、どこか一点を見つめて

頭の中は真っ白。

■旦那と私の違い

それを旦那に話すと

なんかピンときていない様子。

旦那は、朝、目が覚めると

ずっと行動できるタイプ。

例えると、水道の蛇口をひねると

水が、ずっと出続けるのに対して、

私は、大衆浴場の洗い場にある

ボタンを押せば、お湯が出るみたいな。

だから、私は、ボタンを押さない限り

お湯が出てきません。

■世の中には2種類の人種がいる。

私は、みんな私と同じように

気づくと意識が、どっかに飛んでたみたいなことが

普通に起こっていると思っていました。

でも、色んな人に聞いてみると

こんな現象が起こっているのは

半分半分くらい。

詳しくはこちら。

私は、世の中には、

そういう2つのタイプがいるって知るまで

「自分は、できるやつ」だと思って生きてきたし、

「できないなんてありえない」

そうやって、お湯がずっと出続けるように

自分に無理して、ボタンを連打して生きていました。

■出来損ないを認める

「自分に無理して、ボタンを連打し続ける」

これは、本来の自分を隠して

虚勢を張って生きている感じ。

正直、疲れるんです。

でも、心屋さんのポッドキャストを聞いて

私みたいなタイプには、

それなりの生き方があるんです。

(↓この最後の方の話)

■猫は犬になれない

世の中には、できるタイプと

できないタイプが存在するんです。

そして、できるタイプの人は、

できることが普通なんです。

それを見て、できないタイプの人が

できるタイプになろうとして

できる風に装うことに、本当は無理があるんです。

例えると、本当は「猫」なのに

頑張って「犬」になろうとする感じ。

(不自然だし、疲れるんですよ)

■まとめ<周りに助けてもらう>

だからね、私みたいな出来ないタイプの人は、

本当の自分を受け入れて

認めてあげることが大切。

別人になろうとするから

苦しいんです。

そして、私の役割は、

周りに助けてもらって

感謝して生きていく。

「ありがたい。ありがたい」

本当、いつもありがとうございます。

これが、基本の姿で

自分が得意なこと(集中できること)を

深く掘り下げていく。

(得意なことがなければ無いでOK)

だって、本当は出来ないのに

「私できますから!」って

イライラされるくらいなら

「ありがたい。ありがたい」って

ご機嫌でいられた方が

みんなが幸せになります。

世の中には、出来ることで愛される人と

出来なくて愛される人が存在するんです。

たくさんの人に、お世話になって

感謝しまくって、可愛げのある存在。

「出来損ない」なら

「出来損ない」なり生き方があるんですね^^

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

よろしければ読者登録をお願いいたします!

<人気記事セレクション>

1.利子だけで年間30万円を目指す。

2.読み終わった本は、上手に現金化

3.オイシックス初体験記

4.「少ないお金でも、楽しく生きる」