「欲しいものを手に入れてきた」旦那の交渉術。

少ないもので生活

私の旦那は、

お金を貯めることはできないけれど、

欲しいものは手に入れてきたタイプの人間です。

その交渉術が、

なかなか目からウロコ。

もっと早くから

この交渉術を知っていれば

私は、早い段階で

買い物地獄から抜け出せたのにな・・と。

■これでいいや

IMG_2231

私は、幼い頃〜学生時代にかけて

欲しいものに「こだわり」がありませんでした。

「これでいいや」

これが、私の中のベースの考え方。

でも、何となく

人が持っているものが

とても気になって・・

そして、どこかで

私には、それは手に入らないものなんだ・・

諦めというか、

私は、このまま満たされないまま

一生、生きていくんだろうなぁ。

そんな感じでした。

■買い物が下手くそ

でも、自分でお金を稼げるようになって

「ちょっとでも良いな」と思ったものを

買えるようになったのに

いつも、何かを追いかけている気がして・・

結局、いつも中途半端なものを買っているから

気持ちが満足せずに

同じ失敗を繰り返していました。

■ストロングハート

しかし、旦那は

全く違っていたのです。

旦那は、小さい頃から

「欲しいもの」があったら

それを手に入れるまで

気持ちを曲げなかったんだそう。

どういうことかというと、

6000円のプーマのバッグが欲しかったとします。

で、店に行くと

3000円のノーブランドのバッグと

6000円のプーマのバッグがありました。

なので、旦那の親は、

「3000円のバッグにしなさい」と言うわけです。

しかし、ストロングハートの旦那は

3000円のバッグを買うくらいだったら

バッグは要らないと言っていたそうです。

■何度も言う

買うのが保留になったバッグの話。

しかし、旦那は、

折を見て、また「プーマのバッグを欲しい」と

言っていたそうです。

で、最終的に、親の根性負けで

プーマのバッグを買って貰うみたいな。

そうやって、手に入れた

プーマのバッグは、

旦那にとって、かなりお気に入りで

他のバッグが欲しいとか

思わなかったそうです。

■まとめ<選択上手>

この交渉術は、

今も、私に対してしてきます。

年に数回、ゲームソフト(数千円)が

発売される前になると

ワクワクしているようで

絶対に手に入れる意気込みを感じます。

私は、そういう旦那の姿を見て

学ぶことが沢山あります。

・本当に欲しいものを手に入れたら

他のものが欲しいって

思わなくなるんだなとか。

・一度、欲しいと心に決めたら

途中で妥協しない方がいいんだなとか。

結局、人生は選択の連続。

その選択を妥協して適当にするから

人生全体がぼんやりするんですよね。

自分の心に素直になって

本当に手に入れたいモノやコトを

選択することが大切なのだなと。