「部屋を綺麗にすること」は、「自分を大切にすること」

少ないもので生活

独身時代の私は、

外出していく時は、

細心の注意を払って

・この服で大丈夫かな

・この化粧で大丈夫かな

・このバッグで大丈夫かな

こんな感じで、

気を使っていました。

■自分の部屋

それなのに自分の部屋には

無頓着。

だって、彼氏も別にいないし、

誰に見られるわけでもないし、

そんな感じ。

■自分を大切にしていない

でも、それって

「自分を大切にしていない」ってことなんです。

外出先では気を使うのに

自分の部屋には気を使わない。

それって、人目を気にして

見栄を張っているけれど

自分の心はないがしろにしているってこと。

■自分を大切にする

私は、長らくの間、

自分のことは後回し。

自分の気持ちよりも

見栄や体裁を気にして生きてきました。

なので、ちょっとでも気を抜くと

また自分のことをないがしろにしてしまいがちなんです。

■部屋を綺麗にする

だからね、毎日、トイレ掃除をしたり

床の掃除をしたり、

テレビ周りを拭いたりするのは、

自分で、自分を大切な存在なんだよと

自分にメッセージを送る儀式のようなもの。

部屋が汚くても、すぐに死んだりはしません。

でも、部屋が汚いと

自分は、汚い場所にいても良い存在って

勘違いしてしまうんです。

■まとめ<自分を大切にするために>

自分を大切な存在って

自分で自分を認めていないと、

自分に対して「塩対応」してしまいます。

塩対応していると、

買い物の精度が下がっていきます。

買い物の精度が下がると

いつの間にか、お金がなくなっていて

さらに、自分に対して「塩対応」をするという

負のスパイラルに入ってしまいます。

だから、「自分を大切な存在」って

自分が認めてあげるために

自分を綺麗な空間で過ごさせてあげることが

大切なのです。