どうしても安いものを買っていた「私の理由」

「高いもの」と「安いもの」があった場合

昔の私は、自然と「安いもの」を

選んでいました。

もう、それは、ごく自然と・・

でも、私は、どうして

「安いもの」を選んでしまっていたんだろう。

心の中では、

高い方が良いに決まっているのに。

■私の理由

先日、母と電話をしている時に

ハッと気付いたんです。

それは「母から怒られる」

母に「そんな高いもの買って!」って言われる。

その感情が心の奥の方にあったからなんだなと。

■1万円の洋服

私は、洋服の数が

極小なので、最近着ている服は

普通に1万円とかします。

でも、母には、

この服1万円だったとは

とても言えない。

「そんな高い服買って」って

言われるんじゃないかって怖い。

多分、昔、母に何か言われたことが

心のどこかに残っているんだと思われます。

■心は満たされている

でもね、今は、

自分が欲しいと思った方を買うようにしています。

安い方がいいっていうのは

母の価値観であって

私は、やっぱり

高くても欲しい方を買いたいなと。

それが、やっぱり

心が満たされるなと。

■まとめ<自分の人生>

もう、今更70歳くらいの母の価値観を

変えないといけないとかは思っていません。

でも、私は、母の価値観で生きる必要はないんだなと。

ずっと大切にしたいと思うものに囲まれて

お金にも困らない

楽しい人生を、私は進んでいきたい。