普段着が10枚の私が、心動いた理由とは。

読んだ本のこと

先日、普段着が10枚であるという記事を

書きました。

私が、洋服10枚くらいの生活にしていきたいと

思ったのは、ある本を読んでから。

その本とは・・これ。

■絵だから分かりやすい

ベストセラーになった

フランス人は10着しか服を持たない

それのコミック版。

私には視覚で

パッと見たときの印象が強い方が

合っているようで・・

この本を読んでから

「洋服は良いものを少しだけ」

そういう世界観で生きていきたいと

より強く思うようになりました。

■フランス人のクローゼット

6A896164-0378-45B1-8133-5A794107C4EA

大容量のクローゼットに慣れていた

著者は留学先のフランスでの

ホームステイの家で、

あまりに小さいクローゼットに

驚愕します。

日本もアメリカの影響を色濃く受け

大容量のクローゼットの傾向があります。

でも、視点を変え

アメリカではなく、

フランスに目を向けると

衣類の習慣は、随分と違っていきます。

■フランス人はこれで十分

CEE7BE36-549D-44C4-BA81-23EB0ED4762F

ホームステイ先の

奥さんも旦那さんも

洋服は10着前後が普通。

それも、その選び抜かれた10着は

奥さんにも旦那さんにもピッタリ。

まさに、必要十分。

■違う洋服じゃないといけない?

本の中で、著者は

こんなことに気づきます。

アメリカでは

同じ服を1週間に2回も着るのは

ちょっと恥ずかしいし

ましてや3回なんてとんでもないのよ。

だけど、フランスでは

そんなことは気にしないみたい

なぜなら、

みんな そうだから。

私は、この部分を読んで

日本でもママ友が昨日着ていた服って

よっぽどのことがない限り

覚えてなんかないなと感じました。

■まとめ<自分らしい10着>

E18C0AE0-0E65-4F89-A6F8-5A1588727DB5

留学の経験を経て、出来上がった

著者のワードローブの例も

イラストで分かりやすくて

私も、私らしい10着にしていきたいと

強く思うようになりました。

毎日、全く違うテイストの服よりも

「あぁ、これってハピコっぽいね」

そちらの方が、よっぽど良いなと感じるわけです。

私が洋服のベースにしたいと思うようになった本。