恥をかくプロになれば、恥は消える。

読んだ本のこと

E24D7A2B-0441-4F7E-9F5F-13C8B4A2E09B

メンタリスト DaiGoさんの

一瞬で人生が変わる すっごい呪文という本に

こんなことが書いてあります。

恥ずかしさ克服のためにやったのが

「罰ゲームリレー」。

なんでもいいので、

罰ゲームを毎日1個ずつ、こなすのです。

例えばコンビニでお茶とおにぎりを買い、

1回外に出てから再び同じ店員さんの前に立ち、

バンと台を叩く。

「今ここにオレが来なかった?バカヤロー、

そいつがルパンだ!」

そう、アニメのルパン三世のワンシーンを

再現するんです(笑)

■鳥肌が立つ

私は、こういう「恥」が

とても苦手。

小学生の頃、ビデオカメラに向かって

周りの子供たちは、ピースとかやっているのを見て

「私には、絶対無理」って思って

頑張って、カメラの映らないところに

移動していました。

だから、知らない店員さんに

こんなことは出来ない。

想像しただけで、鳥肌が立つ感じです。

■余裕の旦那

で、この本の話を

旦那にしたら、

「オレ、そんなの余裕」

何が恥ずかしいの?

そんな感じでした。

私からしたら、

「そんなバカな!」という感じ。

■違う自分

私は、本当の自分では

ダメだと思って生きてきました。

だから、自分の中に

違う自分がたくさんいるんです。

それを、その場、その場で

使い分けている感じ。

それは、本当の自分を出すと

嫌われるんじゃないか。

そう思うと怖いからです。

■嫌われてもいい

でも、よくよく考えてみると

本当の自分を出して

去っていくようなら、

それって、そこまでだったんだなと。

最近、私がやっていきたいと思っていることは

嫌われてもいいから、

これまでの沢山の人格を

本当の私、1本にしていきたいなと。

■まとめ<本当は怖い>

正直、会社員を辞めるときくらい

怖いです。

何が怖いって、

「本当の自分を出す」っていうことが。

でも、この本を読んで

どんどん恥をかいていけばいいじゃないか。

少しずつやっていきたいなと思う

今日この頃です。