スポンサーリンク

給料が良いのに、お金が貯まらない人は「社会を信用しすぎている」

スポンサーリンク

世の中、給料が良いのに、貯金がない人って存在します。

私も、独身時代は、全く貯金がなかったタイプの人間だったので、

今なら、分かるのですが、当時は、周りの影響受けまくりで、

口コミとか、店員さんに言われる通りにモノを購入して

お金を、ドンドン使っていました。

世の中、お金を使う人が減ってしまったら、

あまり良くないとは思うのですが、

やはり、給料が良い割に、貯金が無いって

悩んでいる人が、少しでも気が楽になってもらえたら

良いなと思っています。

例えば、化粧品のカウンセリングコーナーで、

基礎化粧の説明を受ける時、

「必ずクレンジングの後、

洗顔フォームでダブル洗顔して下さい」とか

よく聞く話です。

私は、その話を素直に聞いて、

毎日せっせとW洗顔していました。

でもね、そんなに顔を洗ったら、ほんと良くないんです。

今は、「肌」の悩みがすべて消えるたった1つの方法を読んで、

固形石鹸とワセリンくらいしか使っていませんが、

私が、こんなにも大きく舵をきることができたのは、

昔、佐伯チズさんの美肌革命 ―お金をかけずにきれいになる―を読んで、

W洗顔を止めてみたら、肌の調子が本当に良くなったという

経験があったからです。

私は、この経験から、もしかしたら、

化粧カウンセリングで言われたことって、

私に、たくさん商品を買ってもらうために

言っていることなんじゃないのかな?

そう思い始めました。

化粧の足し算から、引き算に

方向転換し始めて、私は、肌の調子も良いし、

お金も手元に残りやすくなったし、

気分が、ドンドン軽くなっていきました。

それまでは、ちょっとした旅行でも、

大量の化粧品が無いと、私は生きていけないと

思い込んでいたんだけど、「無くても大丈夫なんだ」

それが、とても嬉しかったのです。

化粧を否定しているわけじゃないんです。

私も結婚式などの、お呼ばれの時は、

フルメイクで参列します。

お化粧は、女性を美しく見せてくれる

魔法のような存在。

ただ、依存するのは良くないと思うわけです。

本来、肌というものは、「何もしない」

これが一番良いわけです。

この考えがベースであって、

ちょっとオシャレしたい時に、

お楽しみとして、少し取り入れる。

本質を理解した上で、

こちら側が上手く取り入れる。

給料が良いのに、お金が貯まらない人は

「社会を信用しすぎている」

本質が、分かってくれば、

そんなに沢山のお金は必要ないんだと、私は思います。