【面白かった映画】殿、利息でござる!

基本的にアマゾンのプライムビデオは、

息子のドラえもんやクレヨンしんちゃんが

メインなのですが、

私も、ごくごくたまに

プライムビデオを観ます。

それで、先日

観たのは「殿、利息でござる!」

阿部サダヲが主演だから

コメディーなんだろうなと思ったのですが、

これって、確か

フィギュアスケートの羽生くんが出ているんだよなと思って

見始めました。

(タイトルの「利息」も気になった)

■あらすじ

金欠のため、百姓や町人へ容赦なく重税を課していた仙台藩。

中でもさびれ果てた小さな宿場町・吉岡宿では、

破産と夜逃げが相次いでいた。

町の将来を心配する十三郎は、

知恵者の篤平治から宿場復興の秘策を打ち明けられる。

それは、藩に大金を貸し付け利息を巻き上げるという、

百姓が搾取される側から搾取する側に回る逆転の発想であった。

計画が明るみに出れば打ち首確実。

必要な資金は千両。

現在の3億円という大金を水面下で集める、

前代未聞の頭脳戦が始まった。

百姓が藩にお金を貸し

利息を取る。

まさに発想の転換!

でも、3億円を年利10%で貸せば

毎年3000万円。

■慈悲の心

千両(現代の3億円)を

百姓というか、ちょっと裕福な商人たちが

お金を出し合おうというわけなのですが、

この話の根本的なところは、

自分たちの懐を温めるために行っているわけではなく、

あまりにも貧しい百姓たちを

どうにかしたいという

慈悲の心から始まります。

■お金をめぐる人間模様

しかし、それを

どうも納得できないものが現れたりします。

(自分の懐や、名誉を気にする)

やはり、人間とは、

欲のある生き物だなぁと。

でも、私は、そういう場面を見ながら

自分の懐を温めることにばかりを

気にするのもいいけど、

周りの沢山の人の懐を

温かくしたら、自動的に

自分の懐も温かくなるし、

みんなで幸せになれるんだろうなぁと感じました。

■取るか、取られるか

映画の終盤、

集めたお金を殿様(藩)に貸し出せるのか!?

その場面で、

藩の役人が

「金は、取るか、取られるか」

金を貸して利子を取るか

取られるかで、立場が決まってしまうみたいなことを言う

賢い役人が登場します。

それは、まさに、この部分は

この前、記事にしたことと同じことだなと。

■まとめ<お金の真髄>

この映画は、配役も

私の大好きな人ばかりで

予想以上に、話も面白くて

ドキドキ・ワクワクしながら

最後まで一気に観てしまいました。

私は、この映画を観て

「お金の本当の裏の顔」を見たような気がします。

・お金はお金を生むということ。

・お金を上手く使うことができれば

人々は幸せになれるということ。

・格差は極力ない方が幸せだなということ。

そして、最後は、

心が、じんわり温かくなる話でした。