「キャッシュレスは浪費しそう」は幻想だった。

ちきりんさんのツイート↓

私も、ブログをやっている時期

現金主義の時がありました。

■クレジットカード

普通の人が現金主義になる理由って

クレジットカードで支払ったら

お財布のお金が減らないから

使った感じがしない上に

今月いくら使ったか分からないから。

それなのに、カードの限度額まで使えてしまうから

気づいたら、どエラいことになってしまう・・

そして、翌月

どっさり請求が来て

預金口座から、げっそりお金が減るというね。

■げっそり減る

何が一番問題かって

「翌月げっそり減る」ということ。

やっぱり、これは

クレジットカードを使っている限り

なくならない問題。

だからこそ、

デビットカードやプリペイドカードを使うことで

問題を解決させてしまえば

ストレスがなくなるのです。

■マネーフォワード

そして、全ての口座、カード、投資口座を

マネーフォワードに登録して

アプリで最新の残高を確認しておく。

これで、

「やっべー、使いすぎちゃった」

「今の口座残高、全部でいくらだっけ?」

「来月の引き落としヤバそう」といったことがなくなります。

■使いすぎ問題

私は思うのです。

結局、

・現金で管理しようが

・このデビットカードやプリペイドカードを使った

マネーフォワードの管理だろうが

気持ちが、とっ散らかっていたら

ついつい使ってしまうのは

どちらも変わらないということ。

だって、現金だって

ATMで簡単に引き出せてしまうのだから。

<関連記事>

■まとめ<賢く生きる>

一度、お金関係の整理をして

マネーフォワードなどのアプリに

口座の登録をしてしまえば

自動的に記録が残っていきます。

そして、デビットカードや

プリペイドカードであれば

クレジットカードの管理という感じよりも

銀行口座の管理と同様の流れになります。

(現金主義でも銀行口座の管理は必要だしね)

こちらに慣れてしまえば

家計簿もほぼ自動だし

明確に、赤字の原因も把握できるし

断然便利です。

これが時代の流れなんだろうなと。