軽やかに人に甘えよう。

昔の私は、

「私

「私しなければいけない」

そんな感じで、人に頼ってはいけない。

人に頼るなんて申し訳ない。

人に頼むくらいなら、自分でやった方が楽。

私が・・

私が・・

■本田晃一さん

そんな性格だった私が

徐々に変わっていったのは

本田晃一さんという存在を知ってから。

その本田晃一さんの本

なんか知らないけど、強運が舞いこむすごい習慣

こんなことが書いてあります。

とあるお医者さんがおっしゃっていました 。

「ほかの人に頼らずに自力でやることが美徳とされる日本では 、

『これしか道がない 』と考えてしまう方が多い傾向にあり 、

それが心を病んでしまう一大要因です 」って 。

(中略)

でも人は 、他人の役に立つのがうれしいと感じるもの 。

ほかの人の力を借りることは 、

むしろ相手を喜ばせることでもあるんです 。

■頼られる

私も、人から頼られ

自分が得意なことで

人を助けたり、アドバイスすることで

相手が、めちゃくちゃ喜んだ姿と見ると

とても嬉しい気持ちになります。

それなのに、自分のことになると

なんか申し訳ない・・

こんなこと頼んで迷惑がられないかな。

そんな気持ちの方が勝って

人にお願いするなんて・・

■断られたら

あと、もう一つ

私の気持ちを押し付けていた感情は

断られたらどうしよう・・

でも、これも

・たまたま相手も都合が悪かっただけだったり

・たまたま、そんな気分じゃなかった

ただ、それだけなのに

世界滅亡くらい落ち込む自分。

でも、たとえ断られたとしても

口に発したことで

世界は、動き出すんですよね!

もっと軽やかな気持ちでいていいんだ

そんな風に、心が変わっていきました。

■まとめ<遠慮せずに喜ぼう>

本田晃一さんの本に

こう書いてあります。

人から頼られた時、僕たちは

喜びを感じる。

だからこそ、助けてもらったら

遠慮せずに喜ぼう。

・助けて欲しい

・ねぇ、ちょっと教えて

・おねがーい

こんな言葉を発するなんて

昔の私じゃ、とても考えられませんでした。

でも、私も人を助けたら嬉しい気持ちになるし

相手も、私を助けたら嬉しい気持ちになるんだ。

そういうのが、最近になって

ようやく分かるようになりました。

だから、人から助けてもらったら

喜びを表現する。

正直、この喜びを表現するっていうのも

最初の頃は慣れなかったけどね・・

でも、何回も繰り返しているうちに

徐々に慣れてきました。

助けられたら、喜ぶ

それで、世界は上手く回るんだなと。


ランキングに参加しています😆
👇ぜひポチッと応援お願いします✨
にほんブログ村 ライフスタイルブログ のんびり暮らしへ

ランキングに参加しています😆
👇ぜひポチッと応援お願いします✨
にほんブログ村 ライフスタイルブログ のんびり暮らしへ

幸せな生き方
スポンサーリンク
スポンサーリンク