家計簿は、自分の弱点を知る方法。

私の場合、家計簿って
つけないといけないっていうよりも、

確定申告で必要だからということもあるけど
楽しいからやっている部分があります。

それで、家計簿って
つけていたら分かることがあって 

それは、
この金額めっちゃ高っ!みたいなやつが
ちょこちょこ出てきて

これって、何だっけ?って
見てみると、
美容院代だったりするわけです。

そうかー・・

この時、カラーとカットの予定だったのに
美容師さんのゴリ押しで
パーマとトリートメントも
一緒にやったんだ・・

で、家に帰ってきて
やっぱりカラーとカットのつもりだったのに・・

そんなことが、結構あるタイプ。

私は、そういう逃げ場のないところでの
ゴリ押しに、弱いなぁ。。 

それが、1ヶ月の全体のバランスから考えても
自分の心の充実から考えても
なんか違うんだよね・・

あの時の「まあ、いいか」
全体のバランスからしたら
こんなことになるんだ。
(結構、大きいな)

それを知る。

で、その全体のバランスを見て、
本当の自分は、どうしたかったんだろうか。

そんなことを
ぼんやり考えたりします。

そしたら、本当は
カラーとカットだけで
上手に、まとめてくれる美容院が良かったとか
それが、本音だったりします。

まあ、いいか。
このくらい我慢するか。

そうやって、自分の気持ちよりも
周りの反応に合わせたり、
不本意にお金を払っていたなとか。

それが、最終的な集計で
こんなことになるんだって分かる。 

これが、家計簿をつけていなかったら
また、なあなあになって
美容師さんの言うようにして
高額な美容院代になってしまうを
繰り返してしまいます。

お金って、自分を満たすために使うと
より楽しくなるけど、

そうじゃないと、
あぁ、また、
自分の気持ちをないがしろにしたなぁってなって
逆効果になってしまいます。

家計簿は、自分の弱点を知る方法。

私は、ここらへんで
自分の気持ちとは違う使い方をしてしまいがちって
知っておくことって
大切だなと感じます。

▽お帰りの際、ポチって頂けると助かります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ