優柔不断な私が、劇的に服の量を減らすことが出来た最大の理由。

少ないもので生活

独身時代は、ほんと、もの凄い量の服を持っていました。

どのくらい、ヤバかったかというと・・

一畳くらいのクローゼットのハンガーにズラリと引っかかった服、

足元には、ズラリと並んだ、プラスチックの収納ケース

(3段引き出しのものが3つ)そして、それらに収まりきれない服たちは、

40Lのビニール袋にギュウギュウ詰めにしてあるものが

3つ・4つありました。

ほんと、捨てればいいのにね。

それが、現在の衣装ケースの様子になるまでには、

いくつかの段階がありました。

Fotor_144230599452769

それは・・

1.自分で、粗方捨てる。

2.売れそうなものは、リサイクルショップへ売りに行く。

このループを繰り返して、次、服を買うときは、

服のテイストを統一することは、勿論ですが、

「旦那の意見を必ず聞くこと」

これには、素直に従いました。

旦那の意見を聞くことは、今、振り返ってみると正解だったと思います。

それは、店員さんは、服を売りたいがために

服が着れていれば、大抵「お似合いです」としか言いません。

女友達も、よほどズバズバいう友達でない限り、

「いいんじゃない」としか言いません。

私だって、女友達と服を買いに行ったとき、

友達が、試着している服に「似合ってないよ」なんて言ったことありません。

でも、旦那は、ダサい妻がいると思われてはいけないので、

似合っていないものには、ハッキリ「似合ってない」と言ってくれます。

ズバッと言われることは、その時は、ショックを受けますが、

似合っていない服に、お金を出してまで、クローゼットのラインナップに加えるなんて

悲劇でしかないので、人の意見を聞くことは大切です。

ただ、繰り返しになりますが、

意見を言って貰う人は、旦那がベストであるということ。

店員さんや女友達では、ほぼ意味がないということ。

自分には、この服が似合っていると思い込んでいることに

客観的に意見を言って貰い、素直に受け入れてみること。

本当に自分に似合っていて、厳選された服で生活出来ること。

これって、沢山の服を持っていることより、はるかに幸せなことだなと思います。

↓色んな方のブログが、とても参考になります。

にほんブログ村 家計管理・貯蓄