これが、究極のミニマリストなのかもしれないと思った話。

お金のこと

蒼井優さん主演の百万円と苦虫女という映画をご存知でしょうか。

2008年の映画なので、私は、結婚して間もない頃に

一人で見ました。

「百万円貯まったら、この家を出て行きます!」

このフレーズが、とても印象的な映画です。

21歳、短大卒のOL、蒼井優さんが演じる鈴子は、

百万円貯まったら、まず、実家を出ていきます。

その時の荷物は、スーツケースひとつだけ。

そして、新しい土地で、アルバイトをして、

また百万円貯まったら、また新しい土地に引っ越しをします。

その時の荷物も、スーツケースひとつだけ。

その中で、恋愛をしていくのですが、

私が、印象的だったのは、百万円貯まったら、

スーツケースひとつで、旅をするように

住む場所を変えていくところ。

なんて、自由なんだ。

もしかしたら、この頃から、

モノが少なくて、身軽な感じに憧れていたのかもしれません。

その頃の私の考え方は、一度、まっとうな道(正社員でまともなサラリーマン)から

道をそれてしまうと、もう二度と元には戻れない。

新卒で就職して、キャリアを積み上げていないと

生きてなどいけない。

なんだか、そういう固定観念がありました。

そして、当時は、自分の荷物をスーツケースひとつだけに

入れるなんて絶対に無理。

よろいをまとった私は、自由な鈴子が羨ましいと思いながらも、

やはり、そんな身軽な道を、到底、自分は歩けないと思った記憶があります。

当時は、ミニマリストなどという言葉は無かったのですが、

鈴子は、なかなか究極的なミニマリストだなと思います。