私が、会社を辞めた時に後押ししてくれたのは、あるブログだった。

私は、昨年、勤めていた設計事務所を辞めました。

その設計事務所では、正社員として雇われていて、

毎月、決まった額の給料を貰っていました。

やはり、そこには「安定」という

心強いものがありました。

よっぽどのことがない限り、収入が途絶えることがない。

それは「安心」であり、正直、手放したくないという感情もありました。

でも、私の心の中で、

「私が本当にしたいことは、雇われて言われたことをやることではない」

そういう感情があったから、夜中、

一人でコツコツ、ブログを書いていました。

ブログを書いている時は、恐ろしいくらい時間が

あっという間に過ぎていきます。

「私がしたいことは、こういうことなんだ」

それが、ハッキリ分かるようになってきても、

正社員という「安定」「安心」を手放す勇気が出ませんでした。

そんなとき、私の心をブルンブルンと大きく動かすブログを読んで、

臆病な私の背中を「ドンッ」と押してくれるようでした。

そのブログとは・・「イケダハヤトさん」のブログでした。

イケダハヤトさんを、ご存知でしょうか。

この方は、ブログ「まだ東京で消耗してるの?」を運営されており、

サラリーマンブロガーの記事が超つまらない理由といった記事を書かれています。

イケダハヤトさんは、ブロガー(ブログを書く人達のこと)の中では

有名な方で、第一人者です。

そして、ブログを書くことだけで生計をたてられており、

「ブログは、アートだ」

「本気で、ブログだけで生きていきたかったら、

サラリーマンをやっていてはいけない」など

彼なりの自論がハッキリしていて、

読んでいて面白いです。

確かに、本気でブログをやりたかったら

サラリーマンをやって、保険をかけている場合じゃない。

そして、人生一度きりなんだから、

やりたいように、やりきってしまおう。

そう思わせてくれました。

ブログって、確かに、ネット上にある

ただの文字なんだけど、人の心を大きく変えるちからがある。

私は、ブログで、人生が大きく変わってきました。

それは、ブログを読むということ。

そして、ブログを書くということ。

この二つで、私の人生は、驚くほど変わりました。

正直、ブログは、読むだけでも

人を大きく変えることができます。

それは、私が、別人のように変わることができたから。

人は、「変わろう」と思ったときから、

いつだって変わることができるんだと

私は、思っています。

↓色んな方のブログが、とても参考になります。

にほんブログ村 家計管理・貯蓄