【見栄のために人生を無駄にしてはいけない】ローンを組むと、完済するまで目に見えない鎖でつながれている。

50万円のハンドバック。

でも、そんなお金は持っていない。

しかし、店員さんから、月々2万円で、

このハンドバックが買えますよ。

そう言われたら、なんだか現実味を帯びて、

ついついローン申込書にサインをする。

私には、これと似たような経験が幾度となくあります。

月々2万円なら、払えない金額ではない。

そうして意気揚々として、商品を持ち帰るわけです。

「ローン」という名の借金に苦しむ

でも、そこからが大変。

毎月、必ず2万円の引き落としがある日が

やってくるわけです。

それも、2年以上もの間。

2年って、短いようで長いものです。

その間、自由に生きているようで

実は、軽くお金の奴隷になってしまっています。

生活費とは別に、絶対2万円の支払いがあるということは、

それなりに、ちょっとキツめの仕事を選択し続ける必要があって、

人間関係とかで、仕事を辞めたくなっても、

「ローンを返済をしなければならない」ということが

脳裏を横切って、少々キツくても続けよう。

そうやって、自分にムチを打ちながら

頑張ります。

そして、ローンを完済したころ、

50万円のバックの魅力は、

ほぼ感じられない存在になってしまっている。

というか、50万円のバックをローンで買う時点で、

お金にずさんで、モノにずさんなわけです

お金を貯めることができるようになった私が思うこと

今の私は、50万円のバックを買おうと思えば

現金一括で買うことができます。

でも、今の私は、50万円を貯めるには、

どんなに大変なのか。それがよく分かっているので、

買えるけど、買わない。という選択をするわけです。

そして、その50万円のモノが、よほど欲しいと思った場合は、

もちろん買うことが出来るので、買ったあとは、

50万円の有難みが、身に染みて分かるので、

そのモノを、物凄く大切にしようと思うわけです。

20代の私に伝えたいこと

もし、50万円のローンの申込書にサインしようとする

私に伝えることができるなら、この3つのことを伝えたいです。

  1. 見栄のために人生を無駄にしてはいけない。
  2. 欲しいものがあれば、現金で買うこと。
  3. ローンを組むと、完済するまで目に見えない鎖でつながれている。

今の私なら、この意味が痛い程わかるのですが、

恐らく、目の前のバックに目がくらんだ私は、

「今一つ意味が分からない」と言うと思います。

確かに、自分自身が、痛い思いをしたからこそ、

「もう、あんな目にはあいたくない」と心から思える。

当時は、若気の至りだったなー。

あれも、私にとっては、必要な経験だったなー。

ただね、やっぱりローンを組むということは、

搾取されている側」だということを、しっかり理解するってことは

すごく大切なことなんだと、私は思います。