【昔の画像あり】2年前は3LDKでも狭いと思っていました。

断捨離

44ed2e4f.g

私は、3LDKの団地に住んでいます。

そして、今は、モノが減ってスッキリした部屋になっています。

なので、ガラーンとした部屋に来た人が、口ぐちに言うのが

「モノがないよね」

そんな我が家ですが、2年前は、

モノが多くて、3LDKでも狭いと思っていました。

■目次

 ▶モノはモノを呼ぶ

 ▶いつも足りないと感じていました

 ▶モノが少ない今の方が快適

 ▶最後に

■モノはモノを呼ぶ

DSC_0509

この写真は、私が、このタンスを売却する前日に撮影したもの。

関連記事:

ダイニングセット・ソファ・チェストの売却金額は、果たしていくらだったか?

当時の私は、このタンスいっぱいに洋服を

持っていました。

タンスを買った当時は、このくらいの量は

当たり前。

というか、このくらいの収納がなければいけないと思ったから

購入したわけです。

でも、実際にタンスを使っていると、

タンスの後ろにモノが落ちたり、ホコリが溜まっていくことに

ストレスを感じるようになりました。

なので、「このタンスを手放そう」

そう心に決めてから、私は、このタンスの中の服を

減らすことを始めました。

そして、自分の中でメドが立ったころ、

ハードオフに行き、訪問して頂ける日時を決めたのです。

その前日が、冒頭の写真というわけです。

「明日、引き取りに来てもらう」

その最終準備をしていました。

なので、まだゴチャゴチャ感があります。

私は、この写真を見ていて思うことは

「モノはモノを呼ぶ」ということ。

タンスがあることで、それに添い遂げようとする

プラスチックケース。

タンスがあることで、軽い気持ちでタンスの上に

モノを置く。

でも、タンスという大物がいなくなった途端、

それらのモノは、違和感を感じ、

最終的には、なくなっていきました。

■いつも足りないと感じていました

私は、このタンスがあった当時、

いつも何か足りないと感じていました。

部屋の中には十分すぎるほどのモノがあるのに、

私には、アレがない。コレがない。

そうやって週末になるとショッピングセンターに行っては

何かしら購入していました。

当時は、日々モノが増えていってたので、

そのモノを収納するための家具やケースを、

更に購入するというループに陥っていました。

なので、3LDKでも狭いと感じるようになっていたのです。

■モノが少ない今の方が快適

「何かを購入する」

こうすることで発生するのは、

お金を使うということ。

家計簿をつけては、支出が

予想以上に多かったと感じる自分がいました。

でも、それらの買い物の成功や失敗も

結局は現在に繋がっているのですが、

やはり、モノを減らして少なくなった今の方が

色んな意味で快適だなと感じます。

■最後に

3LDKでも狭いと感じるようになっていた頃は、

どこまでも続く物欲の塊みたいでした。

「もっと、もっと」

何となく、モノが増えれば

より快適に、より幸せになれると感じていました。

でも、それは幻想だったのだ

今なら分かります。

本当に必要なものは、そんなに多くはない。

少ないものでも十分幸せなんだと

感じられるようになって、物理的にも

精神的にも楽になれて、本当に良かったと思っています。

【ハピコのつぶやき】

生きていくのに、多くのモノは必要ない。