【質問への回答】「家族のモノが多すぎる」への対処法。

先日、このような質問を頂きました!

私もどちらかというとミニマリストなので、

今の家の状態(ものが多すぎる)に辟易としています。。

『他人の思考を変えることはできない』という考えが根底にあるからかもしれませんが

妻の考えを少しでもこちら側へ近づける方法はあるでしょうか?

■目次

 ▶昔は旦那より私の方が酷かった

 ▶私が徐々に変わっていった

 ▶旦那のモノが気になるようになる

 ▶ひたすら自分が変わる努力をした

 ▶やらせてみて、 ほめてやらねば人は動かじ

 ▶最後に

■昔は旦那より私の方が酷かった

結婚当初の話なのですが、

昔は、旦那より私の荷物の方が

断然多かったんです。

男性と女性とでは、

女性の方が荷物が多いのは当たり前でしょ。

その常識に甘えて、

大量の服や靴を持っていました。

「それいらないでしょ」っていうものまで

いつか使うかもしれないから

捨てるわけにはいかないと思っていました。

■私が徐々に変わっていった

でも、ある日、本当に着ていない服を

リサイクルショップに持って行ってみたんです。

買取金額は二束三文だったのですが、

その大量の服があったスペースに

少しだけできたスペースを見た時、

なんとなく心が軽くなったのです。

その経験から、私は徐々に変わっていきました。

■旦那のモノが気になるようになる

大量の服が2、30枚減ったところで、

元々の服の枚数が多すぎたので、

まだまだ旦那より私の方が服が多い状況は

変わりませんでした。

でも、中途半端に断捨離できた経験から

私は、こんなに頑張っているのに!

そういう自分勝手な感情から、

旦那のモノが気になるようになりました。

■ひたすら自分が変わる努力をした

「ちょっと、モノを捨ててよ!」

そう私から切り出しては、

幾度となくケンカが勃発しました。

でも、幾らケンカを繰り返しても

旦那が改善することはありませんでした。

やはり、人間「やれ」と言われたら、

かえってやりたくなくなります。

なので、私は、旦那のモノに関しては

一切、感知せず、自分のモノを

ひたすら断捨離。

そして、日に日に

モノが少なくなっていく

そんな日々を楽しそうに過ごしていました。

■やらせてみて、 ほめてやらねば人は動かじ

山本 五十六の名言に、こんな言葉があります。

やってみせて、言って聞かせて、やらせてみて、 ほめてやらねば人は動かじ。

話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。

やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず。

結局、旦那は、私のモノがドンドン減っていって、

「すごく良いよー」と楽しそうに話している姿を見て、

自発的にモノを断捨離するようになりました。

私は、この時、思ったのです。

「相手に不満がある時は、自分に不満があるのだ」

だから、相手を変えたいと考えるのならば、

まずは自分が徹底的に変わる必要があるのだということ。

■最後に

相談者さんは、男性で

私と真逆の立場で、奥さんのモノの多さに

悩んでおられます。

でも、その場合でも、無理やり

人を変えさせることはできないから、

まずは、自分が徹底的に変わること。

そして、その状態が本当に

楽しいと伝えること。

女性であっても、私のように

モノが少なくても十分な人もいるのだから、

できないことはないのです。

そして、お二人で心地の良い

モノの量を手探りで進んでいくこと。

その繰り返しが、

やがて、お互いにストレスのない

快適な生活につながっていきます。

【ハピコのひとこと】

褒めてあげると、人って喜んで動いたりするよね。