スポンサーリンク

「タンスの肥やしを頑張って着よう」としてはいけない理由。

断捨離
スポンサーリンク

私も、これまでに沢山の「タンスの肥やし」を作っては秘蔵し、

作っては秘蔵して、一時期200枚とかの服を

持っていたことがあります。

そして、その頃は、出かける時、

沢山の服を持っているはずなのに、

いつも「服がない」と思っていました。

■目次

 ▶タンスの肥やしになる理由

 ▶「いつか着よう」は悪魔のささやき

 ▶タンスの肥やしのために買い増してはいけない

 ▶潔く失敗を認める勇気

 ▶最後に

■タンスの肥やしになる理由

私も、沢山のタンスの肥やしを作った人間なので分かるのですが、

タンスの肥やしになるには、何かしらの理由があります。

・安かったから買ってみたものの何か違う。

・一目惚れして買ったけど、結局着てない。

・頑張れば着れそうな気がしたけど、やっぱ無理だった。

・高額商品がゆえに、もったいなくて使えない。

・一時期お気に入りだったがゆえに、もったいなくて捨てられない。

私が、タンスの肥やしにしてしまった理由は

大体こんなところです。

■「いつか着よう」は悪魔のささやき

そして、そっと引き出しの奥の方にしまって、

「いつか着よう」のおまじないをするわけです。

そして、数年後、

「そういういえば、これも持っていた」と思うわけです。

私は、やっとこの歳になって、

「いつか着よう」のいつかは来ないんだということが分かりました。

■タンスの肥やしのために買い増してはいけない

タンスの肥やしになるには、何かしらの理由があります。

それは、何かしら心の中で引っかかるものがあって、

それが理由で着られないのです。

だから、その引っかかるものがあるのに、

タンスの肥やしを着るために、

アイテムを増やすことは、モノが闇雲に増えていきます。

そして、服は沢山あるのに

着ていく服がない現象を引き起こしていきます。

■潔く失敗を認める勇気

だからね、タンスの肥やしは、

潔く失敗を認めて手放すこと。

これが、マストな回答なのです。

「そんなこと言ったってー。モッタイナイー!」って

思う気持ちは、よく分かります。

でも、モッタイナイものを手放すことで、

「今よりも、もっと良いものが手に入る」

これが、宇宙の法則なのです。

関連記事:「モッタイナイもの」を捨てると、より素敵なモノに巡り合える。

■最後に

「タンスの肥やしを頑張って着よう」と思うことだったり、

「タンスの肥やし」の存在自体が、

自分では自覚はないけれど、

ちょっとしたストレスを与えています。

そのストレスが積み重なって、

ストレス発散のために暴飲暴食や

買い物に走ってしまいます。

自分の失敗を認めることは、とても勇気がいることです。

でも、その凝り固まった気持ちを手放すと

スッキリとした世界が広がっているのです。

ランキングに参加しています
▼応援クリックしていただけると嬉しいです▼
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

私が管理しているコミュニティです(o^^o)
にほんブログ村テーマ ミニマムライフへ
ミニマムライフ
良かったら、遊びに来てくださいね♪