スポンサーリンク

毎月の支出を、ストレス少な目で達成する私の方法。

お金のこと
スポンサーリンク

毎月、貯金するためにギスギス、イライラ。

そうやって、昔の私も、やっとの思いで頑張っていました。

それは、金額の大きな固定費よりも先に、

金額の小さな変動費を頑張っていたことが原因でもあります。

ちょっとしたトイレの電気の消し忘れに対して、

旦那と、30分もの間、ケンカをした経験は、

1度や2度ではありません。

トイレの電気で30分もケンカする割には、

週に一度は、二人で外食をする。

「頑張ってるんだもん。このくらい良いよね」

この表は、我が家の結婚当初と現在の比較です。

家計簿5月~-2

数カ月で、こんな変わったわけではなくて、

5年くらいの期間をかけて、ジワリジワリ変わってきたわけです。

<生活費>

生活費が安い理由は、

「外食がしたい」という流れになったら、

外食には行かないで、スーパーで、調理がほとんど必要ないものを

買ってきて、家で食べます。

(焼肉とかね)

そちらの方が、ゆっくり食べられるし、

安く済みます。

最近では、オイシックス

上手く取り入れて、楽しくやっています。

<私の小遣い>

私の小遣いが激安な理由は、

ママ友とランチなどには、ほぼ行かず、

スポーツジムで黙々と運動をして、

大好きなブログのことをやっているだけで

満足してしまうから。

独身時代のようにメラメラと湧き上がる物欲が激減して、

穏やかに毎日を過ごしています。

<光熱費>

でも、光熱費に関しては、目くじら立てずに

「まあ、いいか」

やれることは、やっているけど、

ストレスが溜まるほど頑張り過ぎない。

<通信費>

通信費は、旦那のスマホ料金は、悪魔のように高いけれど

私のタブレットとスマホを工夫して安くしています。

詳細記事:まずは、通信費の見直しから。ドコモショップに行ってきました。

<保険>

保険は、旦那が職場で強制的に加入させられている分で

十分まかなえるということが判明して、

個人的に加入していた保険を解約しました。

<家賃>

一般的に、一番高い固定費が家賃ですが、

綺麗なマイホームに住まなくても、

モノを少なくして、綺麗に掃除をしていれば、

古い団地とかでも、楽しく生活することが出来ます。

綺麗な建物に住むために、

必要以上に働くことが、自分にとって

価値があることなのか、

そうでもないことなのか・・

それは、人それぞれ。

答えはありません。

ただ、「見栄」の気持ちがあって、

自分の生活レベルより高い地域で生活すると、

周りに合わせて、他の項目が必然的に高くなります。

生活レベルが上がると、

そのラインから下がることが難しい。

だから、収入を得ることを、

どんなに辛くても続けなければいけない。

だから、私は、徐々に生活レベルを下げ、

極力ストレスのない生活をする。

この繰り返しが、自然と手元に

お金を残すようになりました。

自分らしく、自然体で

今ある生活を大切にする。

こういうことが、大切なんだと、私は思います。