突然100円玉を差し出されたら「受け取る」ことができるか!?

お金持ちの思考回路

本田晃一さんの本

はしゃぎながら夢をかなえる世界一簡単な法

こんなことが書いてあります。

ある研究者がニューヨークで、道行く人に

片っ端から1ドル札を配る実験をしたそうです。

興味深かったのは、1ドル札を受け取ったのは、

お金持ちが多かったということです。

貧乏な人ほど警戒したり、

はなから偽札だと疑って、

受け取らなかったというんです。

「なるほどな」と思いました。

ラクに喜びを受け取れる人は、

ラクにダムに喜びが貯まっていきます。

「ラクに受け取ってはいけない」

「ラクして稼いではいけない」という

”「受け取り下手”をやめることです。

それがラクに夢をかなえる人の考え方です。

 

 

■100円玉を受け取れるか!?

1ドル札は、日本円で

大体100円前後。

それを、道端で全然知らない人が

配っている・・

それを受け取ることができるか?

今の私だったら、気分がルンルンの時は

受け取りそうな気がします。

でも、ちょっと気分が良くない時は

おそらく素通りをするような気がします。

あなたは、どうですか?

■お金は簡単には手に入らない

私は、長らくの間

「お金は簡単には手に入らない」

そういう位置付けでした。

だから、大学時代は

手当たり次第にバイトをして

社会人になってからも、

この不当な扱いも

じっと我慢して耐えなければいけない。

そうやって、辛いことも

我慢することで

やっと手に入れられるもの

それが「お金である」

そんな感じでした。

■思考は現実になる

「お金は、辛さや我慢の先にあるもの」

そういう思考を持っていれば

それを正当化させるために

現実でも、それを証明させるような

出来事が起こっていきます。

というか、そうさせている自分がいて

そうなるような所に、自分の身を置くわけです。

■お金はラクして稼いでも良い

IMG_6596

でも、私は、そういう人生が

ほとほと嫌になったのです。

だからね、そこから卒業するためには

まず、自分の思考を変えていく必要があるんです。

「お金は、辛さや我慢の先にあるもの」

ではなくて

「お金はラクして稼いでも良いもの」

自分が好きなことをして

人を喜ばせることにOKを出して、

楽しくお金を得て良いのです。

■まとめ<自分が好きなことはして良い>

「いえいえ、私なんて」

そうやって、長らくの間

生きてきた人にとって

「自分が好きなことをしても良い」

こういう小さなところから

超ダメ出しをする自分が存在します。

(「いや、ダメでしょ」って)

でもね、

「自分が好きなこと」は

して良いのです。

「ええっーー!?まじっすか?」

正直、私は、ここから

スタートしています。

(なんて低次元からのスタートなのでしょう・・)

「人は、自分が好きなことをして良いのです」

そうやって、一つ一つ

心のブロックを外していくことを

これからも続けていきたいと思います。