嫌われてもいい。嫌ってもいい。

幸せな生き方

私は、長らくの間、

人から、どう思われるのか。

人から嫌われたくない。

だから、人の目を気にして

自分の本当の心に鍵をかけて

別人のように生きてきました。

■嫌われてもいい。

先日の心屋さんの講演会の後、

車の中で

「人から嫌われてもいい」

そう、一人でブツブツ呟いていました。

<関連記事>

そしたらね、なんか自分の中で

グルグル渦を巻いていた心が

パッと明るくなるのを感じました。

■さっさと嫌われる。

「あの人から嫌われる」

(あの人って誰だ?)

なんだかよくわからないけど、

私は、全ての人から嫌われたくないと思っていたわけです。

そんなの冷静に考えたら

無理な話ですよね。

世の中には、色々な考え方の人がいて

全く違う考え方の人も

「私を嫌わないで」なんて・・

逆の立場なら、

物凄い迷惑な話だったわけです。

だから、もう、さっさと嫌われた方が

お互いが幸せになるって話なんですよね。

■嫌ってもいい。

LP47VXNU6G

そして、私の中で、もう一つ

ドロドロとした感情がありました。

それは・・

「人を嫌ってはいけない」

昔から、いい子を演じていた私は、

心のどこかで、「人を嫌ってはいけない」

思っていたわけです。

自分の気持ちに嘘をついて、

私の心の狭さが、そんな酷い感情を生むんだ。

私は、なんて悪いやつだ。

そうやって、自分で自分を責める。

■嫌われてもいいし、嫌ってもいい。

これまで、本当の自分じゃなくて

別の自分で生きてきました。

それは「本当の自分ではいけない」と思っていたから。

でも、嫌われてもいいし、嫌ってもいい。

これに、自分の中で「OK」が出ると

「なんだ、どうせ嫌われるんなら

本当の自分でいいじゃないか」

■まとめ<好きな人に囲まれて生きる>

これまで、私は、保育園でも

ジムでも、ごく一部の人にしか

本当の自分を出していませんでした。

(これは、自分の心に鍵をかけている状態)

だけど、最近「どんな風に思われたっていいや」

そう思うようになって、

私も変わってきたし、

周りの人も変わってきて

最近、本当に楽しいなと感じる瞬間が増えてきました。

「嫌われてもいいし、嫌ってもいい」

この世界観に飛び込んだ勇気の先には、

本当に好きな人に囲まれて生きられるんだなと。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

よろしければ読者登録をお願いいたします!

<人気記事セレクション>

1.利子だけで年間30万円を目指す。

2.読み終わった本は、上手に現金化

3.オイシックス初体験記

4.「少ないお金でも、楽しく生きる」