【号泣した心屋さんの本】私は間違っていないからの脱却。

心屋仁之助

心屋さんの本を読みました。

その本は、光と影の法則

IMG_2530

久しぶりに本を読んで

涙が止まらないを体験しました。

おそらく、私の本当の心をグサグサと刺していたのでしょう。

■私は間違っていない

この本の、ほとんどが

裕子という主人公の物語。

でも、そのほとんどが

過去の自分とそっくりなわけです。

主任として頑張る裕子。

でも、あることをきっかけに

上司との仲がどんどん悪くなっていき

ひどい仕打ちをされていきます。

そこで沸き起こる感情は・・

「私は悪くない」

「私は間違っていない」

どうして私だけが、こんな目にあうのか。

こういう思考回路は、まさに

過去の私が、いつも抱えていた感情。

■光と影の法則

主人公の裕子は、ある本に出会います。

そこに書かれてあったことは・・

「あなたの問題は、あなたがつくり出している」

「あなたのまわりにいる嫌な人こそ、本当のあなたを知るカギとなる」

その本を読むことで、

これまで気づかなかったことに

気づいていきます。

夫が家事を手伝ってくれない

→「私も働いているのになんで私だけ」

夫がのんびりして外出が遅れた

→「なんで時間どおり動けないの」

部下のほうが先に帰宅する

→「なんで部下のくせに私より早いの」

車の運転中に割り込まれた

→「私はちゃんと順番に並んでいるのに」

こうやって、自分は悪くない

周りが悪いんだと、周りをないがしろにしてきた。

でも、裕子自身もそんなにできる人間でもないのに

自分が頑張ってやってきた、いや、

できた範囲を周囲に求めて、それくらい当たり前でしょ、と。

■被害者ぶる

誰かにこの仕事を頼もう

→「やっぱり、いいや」

みんな楽しそうに話している

→「いいや、私は」

上司が頼み事をしようとしている

→「気づかないふり」

誰かが私のほうを見て話している

→「知らないふり」

これって、全部

「被害者ぶって、すねている」状態。

そんなことをしたら、かっこ悪い、

否定される、怒られる、馬鹿だと思われる、

どうせ相手にされないなど、

いつの間にか自分の要望や感じたことを言わずに、

いつも感情を飲み込むくせがついていた。

勝手に気づいてくれないまわりを憎んで、

すねて、被害者ぶっていた。

■助けてほしい

そんな中、裕子は

大きなミスをしてしまいます。

どうしようもなくなっていく裕子。

そして、遂に大嫌いな上司に

「助けてください」というのです。

結局、素直になればいい。

かっこ悪くても自分の気持ちを素直に言えばいい。

■まとめ<捨てたピースを戻す>

私は、この本を読んで

目の前で起こっている現象のほとんどは、

自分が作り出しているんだなと感じました。

自分は悪くないと、周りをないがしろにした結果、

それが、形を変えて

それを教えてくれているんです。

過去に「こんなピースいらないわ」と

自分の一部を捨てていると、

誰かがわざわざ、拾って

「落し物ですよー」と届けてくれる。

その代表格が結婚相手だったりするわけです。

私は、旦那と結婚して

ずいぶん捨ててきたピースを

元に戻されてきました。

「あなたの問題は、あなたがつくり出している」

「あなたのまわりにいる嫌な人こそ、本当のあなたを知るカギとなる」

この数年間の出来事が、

なるほどな、こういうことだったのか・・

そう思わざるをえない感じ。

私が旦那から教えられたことは

本当に多い。

「このやろう」と思うことも沢山あったけど、

やっぱり、教えられて良かったと思います。

なんだか、話がぐちゃぐちゃになってしまったけど、

心屋さんの本、めちゃくちゃいいよ。


ランキングに参加しています😆
👇ぜひポチッと応援お願いします✨
にほんブログ村 ライフスタイルブログ のんびり暮らしへ

ランキングに参加しています😆
👇ぜひポチッと応援お願いします✨
にほんブログ村 ライフスタイルブログ のんびり暮らしへ

心屋仁之助
スポンサーリンク
スポンサーリンク