自分らしく生きるための「働き方改革」

私は、幼い頃から

・モテるタイプではないから

・誰にも頼らず

・頑張って生きなければいけない。

そういう感覚を強く持っていました。

更に、こじらせていたことが

もう1つ。

それは、周りの人から

凄いと思われたい。

■頑張る人生

そういう風に思って生きてきたわけだから

結局、私が手に入れた人生は

「頑張る人生」

誰もが知る大手メーカーに就職して

生きていくために

「手に職」と思い

建築士の資格を取りました。

でも、私のベースは

「私は頑張らなければいけない」

そう思っていたから

正直、どこまでいっても

・頑張らなければいけず

・そんなに楽しいものではありませんでした。

■大前提が間違っていた

でも、私は、30歳も過ぎた頃に

やっと、大前提を間違えていたことが

分かりました。

(遅すぎだろ)

それは、身を粉にしてでも

頑張らなければならないんじゃなくて、

周りの評価が、どうだとかが

大切なんじゃなくて、

自分は、何がしたいのか

それを第一優先に考えれば

良かったんだと。

■考え方改革

30年以上もの間

持ち続けた考えを捨て

新しい考え方に変えていくのって

正直、気を抜くと

古い考え方に引きずられてしまいます。

でも、私は30代で気づくことができて

本当に良かった。

■まとめ<自分を生きる>

私は、長らくの間、

自分ではなく、別の人生を歩んできてしまいました。

・周りの目を気にして

・そのままではいけない

そうやって、別の何かになろうとしていました。

自分の気持ちを無視し続けてきた人生は

もうやめて、

自分は何をしたいのか

それが、自分を生きるということ。