【映画】えんとつ町のプペルを見に行った感想。

面白かった映画の話

えんとつ町のプペルを見に行きました。

見に行こうかなぁって
薄っすら思いつつも、

なんとなく放置していた映画。

だけど、LINEのメッセージで
「良かったので、ぜひ見てください」と頂いて

「よーし!見に行くーー!」と思い
旦那と息子も誘って見て来ました。

IMG_9680

結果、めちゃくちゃ良かったです。

キンコン西野が、ディズニーを超える
映画を作りたい!と言って

周りから、そんなの絶対に無理だ!って
笑われた。

そんな話を聞いたことがあるのですが
彼は、諦めずに本当に映画を作ったわけです。

そして、私は、お世辞抜きに
ディズニーを超えていたと思います。

絵も、すごく可愛くて良かったし
ストーリーも、良かった!

歌も、めちゃくちゃ良かったし、

旦那も、キンコン西野の映画って
バカにしてたけど、

いい意味で予想を超えてきて
マジ良かった!って言っていました。

 

■今の日本と似ている

私は、個人的に
この作品は、今の日本と似ているなぁと感じました。

えんとつ町は、えんとつの煙で
モックモク。

だから、煙の向こうに星が浮かんでいるなんて
誰も知らない。

だから、
「煙の向こうに星が浮かんでいるんだよ」って
言おうものなら白い目で見られる。

日本特有の同調圧力。

出る杭は打たれる。

私も、そういう経験沢山してきました。

でも、そういう姿を
ちゃんと見てくれる人もいるんだという経験も知っています。

 

■エンドロールで涙が流れる

キンコン西野が、どんな思いで
この映画を作ったのか、それを薄っすらだけど知っているから

エンドロールは、感慨深いものがあります。

ロザリーナさんが歌う
「えんとつ町のプペル」と共に流れる
エンドロール。

なんとなく目頭が熱くなる感じがしました。