自分にはアレが足りない、コレが足りないと色んなものを買ってきた。

私は、テレビを見るのが好きです。

でも、テレビって、面白ければ面白いほど、気づけば自分の時間を

吸い取られる、そんな恐ろしい存在だということも分かっています。

そんなテレビを、ボーっとして見ていると、

「今年のトレンドは、何色で、このアイテムは今の流行ですね」

「すごーい。かわいいー」

こんな具合で、夏は夏で、秋は秋で、冬は冬で、

次々と、流行ファッションが紹介されていきます。

はたまた、別の番組では、最新の家電が紹介されていて、

よりパワフルで、より軽量で、新しい機能を搭載した

スタイリッシュな新商品。

そうやって、人は、「自分には、アレが足りない。コレが足りない」と、

せっせと色んなものを買いに行きます。

「何も買ってはダメだ」と言っているわけではなくて、

売る側の企業も、よく頑張っているよなーと、一瞬、他人目線になってみる。

企業に洗脳されたまま、フラフラと買い物に行くのではなくて、

本当に自分に必要なものなのか、広い視野で見てみる。

そうしないと、大して使いもしないものが、また一つ部屋の中に増えるだけで、

「なんで私の部屋には、こんなにモノがあるんだろう」を引き起こします。

モノを買うのは、楽しいものです。

でも、これは、失敗だったと認めて、手放すのは勇気がいるし、辛いものです。

コレが欲しいのは、洗脳されているからだろうか、

一度、冷静になって考えてみる。

そういう意識をもってテレビを見ると、

また別の意味で面白いなーと思うものです。

↓色んな方のブログが、とても参考になります。

にほんブログ村 家計管理・貯蓄