楽しく貯金をしたいから、極力まとめ買いはしない。

少ないもので生活

実家の冷蔵庫は、基本パンパン。

日本の一般家庭の、ごく普通の冷蔵庫です。

娘たちが帰ってくることを、首を長くして待っていてくれて、

たくさんの美味しいものを、ご馳走してくれます。

ありがたいことです。

でもね、あんなに冷蔵庫がパンパンなのに、

「もう、冷蔵庫に何もないから買い物に行かないと」という意味が分からないのです。

独身の時は、そんなものなのかなと思っていたのですが、

結婚して家庭を切り盛りする立場になった今、

「冷蔵庫パンパンやん」と思うわけです。

ちなみに我が家の冷蔵庫の中は、いつもこんな感じ。

Fotor_143530674913874

おそらく、母からしてみれば、我が家の冷蔵庫の中の

意味が分からないということになるのだと思います。

でもね、私は、食べたい時に食べたいだけ

新鮮なものを食べたいと思っています。

だから、1週間先の献立まで考えていません。

1週間分まとめ買いをすることで節約になるのか

よく分かりませんが、たとえ節約になったとしても

今日、食べたいものを食べたい。

新鮮なお肉や魚は、ただ焼くだけでも美味しいものです。

賞味期限を気にして、食品を消費するのではなく、

食べたいものを食べたい時に買いに行って消費したい。

大量のストックは、その存在を記憶しておく必要があって、

もし、その存在を忘れていたら賞味期限切れという最悪な事態を引き起こし、

せっかく安く買ったものでも処分をいうことになれば、

それこそ「もったいない」んだということ。

私は、この「もったいない」を何度となく経験した結果、

極力まとめ買いをしない方が私に合っていると思うようになりました。

まとめ買いをしないということは、大量のストックの存在を

記憶しておく必要がない分、自分の思考を別のことに使うことが出来るし、

結局は、より多くのお金が残りやすいものです。

目先のお得や激安にとらわれることなく、

「今日、食べたいもの食べたい分だけ」

血まなこになって節約するんだ。

ではなくて、今という時も楽しく生きながら

楽しく貯金をしたいと思っています。

↓色んな方のブログが、とても参考になります。

にほんブログ村 家計管理・貯蓄