スポンサーリンク

世間で言われている「常識」を鵜呑みにすることを止めてみたら楽しくなりました。

幸せな生き方
スポンサーリンク

私は、ごく普通の家庭で育ち、世間で言うところの「当たり前」な

人生を送ることが大切だと思って成長してきました。

問題行動は起こさず、そこそこの成績をとって、

そこそこの学校に進学して、そこそこの会社に就職して、

そこそこの給料を貰って、普通の結婚をすることこそが幸せなことなのだと。

常識を気にして、世間の目を気にして、

人から後ろ指を指されないように生きてきました。

でも、人とお金斉藤一人(著)に

こんなことが書いてありました。

常識や人の目をグズグズ気にしていると、いつまでたっても自分の心に正直に、

楽しく生きることができません。

もし、世間の「常識」が合っているのだとしたら、いま日本に、

こんなにも不幸な人はいないでしょう。

私は、最近「常識」とは、その国の権力者が、

自分に有利になるよう人々に、すり込んだものが

ほとんどなんじゃないのかなと思うようになりました。

昔の日本は、「天皇ばんざい」と言って

戦争時代に突入していきました。

当時の日本人は、それが常識で疑うこともありませんでしたが、

今、考えてみると、なんて愚かなことだろうと思うように

「常識」とは、時代や国が違うだけで、

全く別のものとなっていきます。

「常識」や「人の目」を気にしない。

そう自分だけでも思って、色々な視点で

物事を見てみると、なんだか楽しい。

「ちょっと変わった人ね」そう思われたって気にしない。

それよりも、自分が本当に楽しいと思うことをやっていく。

そちらの方が、よっぽど幸せで楽しい。

そんな時間を過ごせるんだと私は思います。