ガラガラだと思っていたけれど、紙に書き出してみたら意外と沢山あるんだと思った話。

少ないもので生活

昨日は、旦那は仕事へ行き、息子はAmazonプライム・ビデオ

ドラえもんの映画に夢中だったので、

パッと見、スカスカ・ガラガラの冷蔵庫の中や

食品を入れている引き出しに、果たして、どれだけのものが入っているのか

紙に書きだしてみました。

image

殴り書きで、申し訳ないです。

何も入っていないと思われる冷蔵庫でさえ、

乾物系や冷蔵庫のドアポケットにある調味料を

一つひとつ書きだしてみると、意外と、まだまだ沢山あるんだなーと

思いました。

生もの系は、ほとんど無い状態でも

正直2~3日は、余裕で生きていけるだけの

食料を蓄えていることに、改めて気づきました。

特に、乾物系は、長持ちするし、何かあった時に便利という理由で

取り急ぎ必要でない場合も、ついつい買い物かご入れています。

そして、その便利すぎる存在ゆえ、その存在すらも

記憶の隅に追いやられ、気づけば、とうの昔に賞味期限がきれている。

そして、食べる気にすらならず、ゴミ箱行きになる・・

こんな経験は、何度もしてきました。

そんな私も、昔と比べて、随分、持ち過ぎない生活が

定着してきたので、食品をゴミ箱行きにする機会も減ってきています。

今回、全ての食品を紙に書き出したことで

現状把握をすることが出来て、私は、これらのものを

しっかり「使いきりたい」と思いました。