ちょっとだけ、かけた器を見て思うこと。

少ないもので生活

我が家の食器は、引き出し一つで、収まるだけの量しか持っていません。

詳細記事:【続】我が家の食器棚☆大公開

大体、このくらい。

image

そして、ココにある食器は、恐ろしく高価なものではありません。

素敵な食器への憧れもあるのですが、まだ3歳の息子が

お手伝いをしてくれる姿を見て、もし割ってしまっても、

笑顔でいられるように・・。

まだまだ心の器が小さな私ですが、

高価で素敵な食器集めは、現在の私がやりたいことではない。

現在の私がやりたいことは、

まだ小さい息子と楽しく過ごすこと。

そんな我が家の食器で、最近、ずっと気になっていることがありました。

それは・・茶わん変わりに使っている器が、少しかけていること。

image

右が、かけている器。左が、新しく購入した器。

image

私の実家では、この程度かけていても普通に使っているのですが、

やっぱり見るたびに、ちょっと気になる。

これが、2,000円の器だったら、

買い換えるか真剣に悩んでいる所なのですが、

幸い、この器は、100円ショップseriaのもの。

なんの躊躇もなく、昨日、この器だけを買いに行ってきました。

昔の私だったら、せっかく100円ショップに来たのだからと、

色々と物色する習性があったのですが、この器を

レジに、一つだけ。

安価なものでも、モノが少なくなってくると、

その1つひとつに愛着が湧いてきて、最後まで大切に

使いきろうという思いが強くなってきます。

モノが、ある程度、減ってくると

買い増そうという気持ちより、買い換えようという気持ちの方が

強くなっていきます。

気を抜いてしまうと、モノは、ドンドン増えていってしまいます。

そうではなくて、「自分には、すでにあるんだ」

そういう気持ちが、本当の豊かな生活を築いていくんだと

私は、思います。

↓色んな方のブログが、とても参考になります。

にほんブログ村 家計管理・貯蓄