スポンサーリンク

ビールは、どのくらい我慢したらいいんでしょうか?

スポンサーリンク

先日の阪口ゆうこちゃんとの
コラボセミナーで、
こんな質問が出ました。

私、晩酌が好きなのですが、
やっぱ節約しなくちゃって思って
1週間のうち、1回か2回は
ビールじゃなくて、安い発泡酒にしているんです。
 
私は、このままで大丈夫でしょうか?
もっと、我慢して
発泡酒の回数を増やしたほうが
良いのでしょうか?

■私の答え

私も、お酒好きな方で
まあまあ強いのですが、
自宅で晩酌しないんですよね。

お酒は、楽しい集まりの時に
楽しく飲む。

その程度が、私には
合っているような気がしているんです。

だから、まず、
本当に、毎晩、晩酌をしたいのか?

そこを、自分の心に聞いて欲しいなと。

■飲むなら、しっかり飲む

で、そこで、
やっぱり、私は、毎晩の晩酌が
心から楽しい!という結論が出たのであれば

・節約とか
・もったいないとか

そういう考え方ではなく、
心から晩酌を楽しむことが大切だなと。

だから、私が
お伝えしたいことは、

飲むなら、しっかり飲む!

みみっちい考え方で
お金が勿体無いから
発泡酒で我慢しておくか・・

そういう小さな我慢が
「私、我慢しているんだし」という
感情を作り上げ

別のところで、
無駄遣いをしてしまう原因になりがちなのです。

■優先順位

自分の中で、毎晩の晩酌は
優先順位が高いと感じるのであれば、

そのほかの、何となく支払っているものを
再度チェックしてみましょう!

何となく不安でかけている保険料や
保険のオプション。

大して使っていない
月々の携帯電話の課金。

そういうのを、一度解約してしまえば
週1回や2回の発泡酒をビールにする費用なんて
すぐ捻出されるものです。

■メリハリをつける

お金を上手に残せる人は、
自分が、ココぞ!と思うところでは
しっかりお金を使い、

大して必要じゃないなと感じるところは
全くお金を使わない。

そういうメリハリがある人だったりします。

そのメリハリは、
人によって様々で
周りの人に合わせる必要なんて全く無いんです。

自分が、大切だと感じる部分には
しっかりお金を使う。

大切じゃないと感じる部分には
お金を使わない。

その色分けを、しっかりつけるためにも
自分の好き・嫌いは
自分で、ちゃんと把握してあげること。

そのためにも、
日頃から、好きじゃないことは
やらないを心がけることが
大切なんだなと思います。 

 

▽お帰りの際、ポチって頂けると助かります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ