実家には各部屋にゴミ箱があったけど、今は家に一か所あればいいと思う件。

少ないもので生活

ちょっと前に、「マツコの知らない世界」という番組で、

ゴミ箱特集がありました。

その時、マツコが、「うちにはゴミ箱ないんだけどさ」と言っていました。

マツコが住むマンションには、常時ゴミを捨てられる場所があって、

その都度、マツコは捨てに行くからゴミ箱がないのだそうです。

それを聞いた時、「おー、究極だなー」と思いました。

私の中では、それが一番いいなと思いました。

でも、私は、残念ながら、そんな画期的なマンションには住んでいません。

そんな我が家のゴミ箱事情について書いてみようと思います。

私が実家に住んでいる時は、各部屋にゴミ箱がありました。

そして、母がゴミ出しの日に全ての部屋を回って、

ゴミを出しに行っていました。

それが普通だと思っていたので、

一人暮らしを始めた時も、1Kの部屋にキッチン・洗面所・部屋の中と

3カ所、ゴミ箱がありました。

それから、旦那と暮らし始めた時も、同じように

各部屋にゴミ箱がありました。

それが常識だと思っていました。

それから、息子が生まれて動き回るようになったら、

息子という名の怪獣は、リビングに置いてあるゴミ箱をあさるようになりました。

「これは、いけない」そう思って、思い切って、リビングに置いてあるゴミ箱を撤去しました。

それまで、リビングで出たゴミは、そのゴミ箱に捨てていたので、

わざわざキッチンのゴミ箱まで捨てにいくことが面倒でした。

でも、慣れって、恐ろしいですね。

今となっては、リビングで出たゴミをキッチンまで持って行くことは

完全に当たり前になりました。

それから、洗面所のちょっと高い所に置いていたゴミ箱も

「おや?」もしかしたら、これも要らないんじゃない?

そう思って撤去してみたら、やっぱり、洗面所で出たゴミも

その都度、キッチンまで持って行くことが当たり前になりました。

なので、現在、我が家は、キッチンにしかゴミ箱がありません。

出来れば、マツコのように、その都度捨てて、ゴミ箱を撤去したいのですが、

現実問題、それが叶わないので仕方ありません。

でも、数年前まで、各部屋にゴミ箱があったことを思い出すと

当時は、完全に思い込みがあったなーと思います。

「各部屋にゴミ箱は必要だ」と思っていた私ですが、

無くても問題はない。むしろ、部屋のモノが減ってスッキリするという

メリットの方が大きいなと、現在の私は思います。