「これ1,000円だったの!見えないでしょ」そうやって何枚も服を買っていた私。

少ないもので生活

20代前半は、服の枚数を増やすだけ、増やしていました。

まだ若いということもあって、

学生が沢山いるような店に行くと

デパートでは、3,000円~4,000円する

カットソーなどが、1,000円とかで普通に売ってあります。

「安い!」そう思った私は、毎回3枚とか4枚とか

買っていました。

それでも、デパートで買うカットソーより安い!

なんて、お得なんだろう~♪

そして、家に帰って、母親に「見て!見て!

この服1,000円だったの!見えないでしょー」と自慢していました。

母親も「あら!1,000円安いわねー。ハピコは買い物上手ね」

そう言われては、有頂天になっていました。

そして、隔週くらいの頻度で、その店に行っていたものだから

あっという間に、服の量は増えていきました。

で、その大量にある服を、全部、着ていたのか?と聞かれたら、

「着ていませんでした」

大体、いつも同じような格好をしていました。

不思議なものです。

持っている服は沢山あるのに、いつも同じ格好って・・

でも、その大量の服を、「捨てる」という概念はありませんでした。

今の私なら、「着てないなら、捨てればいいじゃん」と

さらりと言いますが、当時の私は、「捨てる?そんなバカな」と思っていました。

結局は、買う瞬間が幸せの最大値で、それからは、

私は、沢山のアイテムを持っていることが素晴らしいと思っていました。

(でも、使いこなせてないし、その一つ一つも大してトキメキはなかったのですが)

「捨てるくらいなら、収納を増やせばいいのよ」

そうやって、服やモノは、どんどん増えていきました。

でもね、収納を増やしたところで解決はしないんだと

この数年で、ハッキリ分かりました。

根本の考え方を「くるり」と変えた瞬間から

私の人生も「くるり」と変わり始めました。

その「くるり」を、沢山の人に知って貰いたい。

最近は、そう思っています。