スポンサーリンク

攻撃や陰口を言われて言い返すようでは、人間が甘いんだということ。

幸せな生き方
スポンサーリンク

81歳のおばあさん「ミゾイキクコさん」

この方のツイートは、よく考えさせられるものが多いです。

キクコさんのツイートにこんなものがありました。

 

個人レベルの小さな争いは、やがて大きな争いになる

キクコさんのツイートは、国家間の話で

スケールが大きすぎるので、個人では、どうにもならない問題です。

でも、戦争を引き起こすのは、最終的には「人間」であって、

その国のトップが、どういう思考なのかで

大きく方向性は変わっていくものです。

何を言いたいかというと、個人レベルの小さな争いは、

やがて大きな争いへと繋がっていきます。

だから、とりあえず、個人の問題からクリアしていくことが

大切なんだと思います。

「攻撃」に「攻撃」で返すことは、悲しいこと

人に攻撃したり、陰口を言ったり、意地悪をしたり・・

世の中には、色んな人がいるものです。

自分が攻撃する側の時もあれば、攻撃される側にもなります。

私も、陰口を言われたりされたことはあります。

その時は、悲しみと怒りの感情でいっぱいになり、

それならば、こちらだって言ってやろう。

そうやって、マシンガントークを繰り広げていました。

そして、その陰口は、やがて、自分の感情をドス黒く変えていき、

その人との関係は、ドンドン悪くなっていきます。

「言われたら言い返す」これを繰り返していては、

自分がダメになり、その人と会うことすら苦痛になっていきます。

言われたら、言われっぱなしでも良い

fitness-332278_640-2

こうなってしまっては、もう関係を修正することは

困難になってしまいます。

だから、こうなる前に、陰口を言われても、

こちらは何も言わない。

「言われっぱなしで損ではないか」と思うけれど、

言った方は、その毒で自滅してしまうのです。

だから、こちらは、「毒を吐かない」

言われたら、言われっぱなしでいいじゃないか。

こちらが相手をしないで、その嫌な空間から、そっと立ち去る。

こうすることで、自分は幸せの道に繋がっていきます。

毒を吐く人は、不平不満が溜まっている

世の中、すごい幸せでたまらない人は、毒を吐かないものです。

毒を吐く人は、どこかで不満や不安やストレスが溜まっているのです。

その不満の根源を、自分でどうすることも出来ないから

とりあえず、目につく人に、そのウップンを晴らそうとします。

だって、もし気になることがあるようだったら、

優しく、その人に教えてあげればいいだけなのに、

それを、陰口などの「攻撃」という形で、

イライラを解消しようとしているだけなのです。

攻撃や陰口を言われて言い返すようでは、人間が甘い

だからね、攻撃や陰口を言われても、自分は言わない。

これって、最初のうちは、結構忍耐のいることだけど、

慣れてくると、本当に、どうでも良くなってきます。

そして、ふと気づくと、「自分を苦しめる要素」が

ドンドン無くなっていくことに気づきます。

「自分を苦しめる要素」が無くなってくると、

本当に、人生が楽になってきます。

「幸せになりたい」そう心から思うのなら、

やられても、やり返さない。

これが大切なんだと、私は思います。