スポンサーリンク

モノを買う基準は、「安いから」ではなくて「欲しいから」そうしないと、どんどんモノが増えていきます。

スポンサーリンク

昔の私は、モノを買うとき、必ず金額を見ていました。

「だって、安い方が良いに決まっているじゃない」

郊外にあるアウトレットモールなどに行って、

○%オフというタグを見ると、気持ちがザワつきました。

「これは、今、買っておかないと、もったいない」

そんな気持ちでいっぱいになります。

そして、心の奥の方で、せっかく来たんだし、

「何か買わないと、もったいない」という気持ちも

モノを購入する気持ちを後押ししてきます。

本当は、ココのデザインは、もっとフワッとしてる方がいいんだけど、

○%オフだしなー。今、買っておいかないと、もったいないなー。

そうやって買った服は、数えきれません。

そして、家に帰ると、同じような服が山済みになっていました。

それでも、服は多い方が良いに決まっている教の信者だった私は、

得をしたと思って、引き出しにギュウギュウ詰めにしました。

そんな私ですが、今は、引き出し2段分しか服は持たないと決めてから、

こういうことは、格段に減っていきました。

それは、引き出し2段分で、十分生活が出来るということを

身をもって経験しているから。

もし、新たに服を買うとしたら、今、持っている服のどれかを

手放さないと、必ずと言っていいほど全く着ない服が出てくる。

それを痛いほど経験してきたから。

手持ちのアノ服を手放してもいいから、

この服が欲しい。そういう基準で服を見ると、

「安いから」が購入の決め手になることが激減していきました。

金額よりも自分の気持ちの方が大切。

その服を着た時、これは「安いから」買ったんだ。

ではなくて、「欲しいから」買ったんだ。

服は、そんなに多くは要らない。

服を買うなら、捨てなさいにも書いてあるように

レパートリーが多くないとダサいは思い込み。

なんとなくの服が沢山あるより、

超絶お気に入りが少しある方が、気持ちは上がるものです。

私は、そう思えるようになれて気持ちが軽くなりました。

これからも、お気に入りを少しだけ。

そんな生活をしていきたいです。

↓色んな方のブログが、とても参考になります。

にほんブログ村 家計管理・貯蓄